【ASMODUS】Spruzza 80W BF kitをついに買ってしまった!

どうも、飲んべいです。

先日スコンカーMODが欲しい!と思いながらオンラインショップを巡回していたんですが、ついにたどり着きました。

スタビライズドウッドパネルがカッコいい!そしてテクニカル仕様。

そう、ASMODUS Spruzza 80W BFをついに買ってしまったのです(汗)

いやぁ~やっぱりスタビライズドウッドはカッコいいですね!

美しいです。しかもテクニカルだからよかった。

そこで今回はASMODUS Spruzza 80W BFを紹介します。

 

 

ASMODUS Spruzza 80W BF

こちらがパッケージになります。

ASMODUS は高級感がありますね!

スタビライズドウッドがめっちゃオシャレ。美しいですね。

では付属品を見ていきましょう。

付属品

・ASMODUS Spruzza 80W Squonk Kit 本体
・ASMODUS ONI ONE アトマイザー
・六角レンチ
・Oni Coil 0.37Ω
・交換用Oリングセット
・予備イモネジセット
・スマートサイフォンシステム用アクリル、パッキンセット
・ユーザーマニュアル(英語)

スペック

ASMODUS Spruzza 80W Squonk

サイズ: 83mm x 27mm x 55mm (アトマイザー部は含まず)
リキッドボトル容量:6ml
モード:POWER,CURVE,TEMP,TCR,TFR
使用バッテリー:18650×1本
対応可能アトマイザー抵抗値:0.1 – 3.0 ohm
出力範囲 (POWER Mode):5.0 – 80.0 watts
出力範囲 (TC Mode): 5.0 – 60.0 watts
0.91インチタッチスクリーン搭載
ファームアップデート可

ASMODUS ONI ONE RDA

サイズ:直径24mm
材質:ステンレススチール
エアフローコントロール搭載(ボトム)
810デルリンドリップチップ同梱

 

 

ASMODUS Spruzza 80W BFの詳細

本体パネルはスタビライズドウッドになります。

同じ模様は存在しない、世界に一つだけの模様ですよ!

スコンクボトルはポンプ式になっています。こちらのツマミをプシュプシュすればリキッドを供給できます。

ディスプレイは0.91インチタッチスクリーン搭載しています。パフボタンにはASMODUSのロゴが。このロゴがめっちゃオシャレですよね!

スレッドは510でスプリング式のコンタクトピンになっています。

アトマイザーは24mmくらいがベストかな?

パネルを外すとポンプ式のスコンクボトルが装着済みになっています。

スコンクボトルのサイドには充電ポートがあります。充電する際はパネルを外さないと充電ができませんね。パネルのためですね!

スコンクボトルを外すには、このツマミを下方向に引っ張れば取り外せます。

こちらがスコンクボトル(6ml)になります。スライド式になっているので、リキッドチャージは、フタをスライドさせてリキッドチャージします。

リキッドを注ぎ終われば、しっかりとフタをスライドさせて閉めてください。

パッキンがちょっと心配です・・・パッキンがカンでいるような。

外す時より装着するほうがパッキン取れそうだな・・・気をつけよう。

※SSS(スマートサイフォンシステム)は、分解を想定された作りになっていません。分解してしまうと真空シールが失われ修理できませんのでご注意下さい。
パッキンの装着は可能みたいですが、非常に難しいようです。

ASMODUS ONI ONE RDAの詳細

こちらが付属のアトマイザー、RDAになります。

大まかに分解すると「デッキ、キャップ」に分かれます。

ボトムエアフローでドリップチップは810。DLタイプですね。

エアフローの調整はキャップを回しながら調整をしましょう。

デッキはシングル前提のデッキです。

デッキには、コイルジグを合わせるための溝があります。ビルドの時にはジグを溝に合わせることでコイル位置は完璧です。

キャップ裏は上に向かって階段状に絞られています。

 

 

操作方法

電源OFF時にパフボタン「5クリック」で電源ON。

Spruzzaには大きく分けて設定画面とVAPE モードの2つがあり、パフボタン5回または1回クリックで両画面の切り替えが可能。

各画面でスクリーンを左右にスワイプすることで前後のページを表示し、各項目をタップ、ロングタップ、スワイプでパラメーターの変更・設定が行えます。

VAPEモードではモード名を左右にスワイプで前後のページが表示されます。

電源ONにするとロック状態になっています。

スクリーンを上から下に向かってスライドすることでロックが解除されます。

鍵マークがこのようになっていればロックが解除されています。

VAPEモード

【POWER】

ロック解除後「モード名タッチ」でワッテージ設定

プラス、マイナスでワッテージ数を設定できます。長押しも可能。

【TEMP】

ロック解除後「モード名タッチ」でワイヤーを選択できます。

設定温度長押し→温度設定

設定温度タッチ→上限ワッテージ表示

上限ワッテージ長押し→上限ワッテージ設定

【TCR】

ロック解除後「モード名タッチ」TCR入力画面になります

設定温度長押し→温度設定

設定温度タッチ→上限ワッテージ表示

上限ワッテージ長押し→上限ワッテージ設定

画面上下にスワイプ→TCRメモリ切替

※TCRメモリはM1~M5、TCRモードは0.00000~9.99999まで任意の数値をM1~M5の5バンクにメモリすることが可能です。

【TFR】

ロック解除後「モード名タッチ」TFR入力画面になります。

設定温度長押し→温度設定

設定温度タッチ→上限ワッテージ表示

上限ワッテージ長押し→上限ワッテージ設定

画面上下にスワイプ→TFRメモリ切替

※設定してあるTFRに則って温度管理を行うモードになります。

212℉~572℉まで90℉ごとに0.00000~9.99999まで任意のTFR値をM1~M5の5バンクにメモリ可能になります。

【CURVE】

タイムタップ→ワッテージ表示

画面上下スワイプ→カーブポイントの切替

タイム/ワッテージ長押し→カーブエディット画面

※パフボタンONしてから自身でワッテージをどのように昇降させるかを設定できます。

ASMODUS Spruzza 80W で吸ってみました

吸った感想は、おまけ程度に考えていたアトマイザーでしたが、割といい感じでミストが出ています。味もおいしいかと。

RSQ NS 」と比べ、持った感じは大きいかなと思いますが、スタビライズドウッドがスベスベでいい感じです。ちょっと落としそうになりますが(笑)

このスコンクボトルが使いにくいと聞いていましたが、そこまで使いにくいとは思わなかったです。今のところリキッド漏れもありませんし。

リフィルボトルでリキッドチャージするようにしましたので、スコンクボトルのフタをスライドすることもありません。

なのでこのまま使ってみてリキッド漏れがなければ、壊れるまで使うつもりです。

 

 

まとめ

スタビライズドウッドで見た目がよくて、テクニカルなので安心。

私のお気に入りMODになりそうです。

スタビライズドウッドも磨いてワックスをかけたいと思います。

いやぁ~やっぱりカッコいい!

それでは、また。

 

※未成年者の喫煙は法律で禁止されています。タバコは20歳になってから。

 

最新情報をチェックしよう!