コルツ・グリーンティー(COLTS GREEN TEA)ヴェポライザーで吸ってみた!

コルツ・グリーンティー(COLTS GREEN TEA)ヴェポライザーで吸ってみた!

どうも、飲んべいです。

ヴェポライザーを使うこと約一週間、これコスパいいなっと思う今日この頃です。

確かに、吸うために葉を詰めたりとめんどくさいですが、気になることと言えば、ヴェポライザーのバッテリー容量くらいです。

リキッドと一緒でシャグの種類も豊富。

そこで新しいシャグを今回購入してしまいました。

まだ、前回のシャグたくさんあまっているんですがね。

 

スポンサーリンク

皆が吸いやすいと言うCOLTS(GREEN TEA)

 

こちらのシャグ、「コルツ・グリーンティー(COLTS GREEN TEA)」を購入してみましたので、吸っていきたいと思います。

ちなみに、40gで880円くらいでした。

 

日本だと、グリーンティーは緑茶をイメージするかもしれないですが、緑茶とは違い、フレグランスのような香りを楽しめると思ってください。

 

この「コルツ・グリーンティー」はシャグの中でも安定した人気を誇っていると言われています。

 

それだけ人気のシャグになっていますが、このシャグの独特な香りは好き嫌いが分かれるとも言われています。

 

それではさっそく開封していきます。

いざ開封

 

もうねこれ、すでに「コルツ・グリーンティー」をおおっていたビニールを取っただけでも香りがしてきます。

 

臭いとかじゃなく、いい香りですね。

 

開封と同時にさらに香りがましています。

グリーンティと言うだけあって、この香り、紅茶のような香りで上品に感じます。やはり緑茶とは全然違いました。

 

シャグ全体が若干湿っているようなので、乾燥は避けた方がいいかもしれません。

 

ヴェポライザーに葉を入れていきます

 

コルツ・グリーンティー」の上品な香りが漂ってきます。

葉の詰めすぎには注意してください。空気が吸えなくなるので吸いにくくなります。あまり少なすぎもよくないですが。

 

私の場合、葉をほぐしながら詰めたらリキッドを垂らします。

 

リキッドの垂らしすぎは、本体が壊れる原因になるみたいなので、垂らしすぎには要注意してください。

私は「1滴か2滴」ぐらい垂らすだけですが、十分だと思います。

リキッド垂らしすぎたりすると、掃除めんどくさくなるし、垂らす場合は1滴か2滴を目安にお願いします。

 

あとフィルターをつけるのもおすすめですよ。吸いやすくなります。

 

私は、メンソールのフィルターを半分に切って使っています。

切らずに使うと刺激があまり得られません。

半分に切ったフィルターをセットしましょう。

 

 

フィルターを半分にすることでスッポリと収まります。

 

 

フィルターつけるとわかると思うんですが、このフィルター吸い終わった後に黄色く変色しています。

フィルターなしの場合、ニコチンをかなり摂取してしまいそうなので、フィルターは使った方がいいかな。

 

吸ってみます

 

温度は230℃で吸っていきます。

温度が高い方が吸ってる感が上がりますよ。

スゥ~ハァ~

これね~うぅ~ん

「チェ・メンソール」よりも軽い感じがしますが、ほのかに甘さがありますね。

吸いやすいです。後味もスッキリしますし。

フィルターがメンソールで正解でした。

コルツ・グリーンティー」人気の理由が分かりました。

紅茶にミントを入れたような感じかな。

とにかく吸いやすく、上品なスッキリした味です。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回、人気がある「コルツ・グリーンティー」を吸ってみましたが、結構吸いやすかったです。

そして、「1パック(49g)880円」と比較的安く購入しやすいですね。

葉が乾いてくると辛みがでてくると言われていますので、開封後のこのシャグは、湿度管理はした方がよさそうです。

私的には、このシャグは吸いやすいので、お気に入りになってしまいましたが、メンソールが嫌いな方には合わないかもしれませんので、よろしくお願いします。

 

※未成年者の喫煙は法律で禁止されています。タバコは20歳になってから。