たばこカプセル対応電子タバコ「JUSTFOG Q14」を買ってみた

たばこカプセル対応電子タバコ「JUSTFOG Q14」を買ってみた

こんにちは、飲んべいです。

2018年1月17日から東京都内のコンビニでプルームテックのスターターキットが販売開始されました。

もう購入された方います?

東京都内はいいなぁ~私の地元はたばこカプセルさえ、入荷はいまだ未定。うらやましいぞ。

さて私は、電子タバコにプルームテックのたばこカプセルをつけて吸っていますが、この度新たな電子タバコを購入したので紹介します。

スポンサーリンク

JUSTFOG(ジャストフォグ ) Q14

Q14 セット内容

  • JUSTFOGコンパクトバッテリー本体x1
  • Q14 Clearomizerx1
  • 1.6Ωコイルx1
  • Kamry kecig1.0 ドリップチップx1
  • ユーザーマニュアルx1

※こちらのセットは、充電するためのUSBケーブルがついていませんので、初めて電子タバコを購入される方は、USBケーブルがついたセットを購入するか100均(1A/5V)を購入してください。

このようなセット内容になっています。コイルは1個しかついていないので、予備コイルを購入しておく事により安心します。

なぜ「JUSTFOG Q14」に決めたか?

 

 

最近は、スリムなデザインと持ち運び抜群のペン型電子タバコ「Vpen(ヴィーペン)」を使っていましたが、たばこカプセルをつけて吸うには最高の電子タバコでした、しかし唯一の欠点であるバッテリーの容量が少ないので、モバイルバッテリーを持ち運ばないと充電が切れて吸えなくなってしまいます。

持ち運ぶによかったペン型電子タバコでしたが、モバイルバッテリーを持つことにより荷物が増える。

そこで、外出する時には荷物を少なく外出したい私は、バッテリーが一日もつぐらいの電子タバコを購入しようと思いました。

もうひとつの「Joyeteche Go AIO」バッテリーは持ちますが、たばこカプセルの底がリキッドで詰まってしまうので、たばこカプセルを交換する回数が増えてしまいます。

私の吸い方の問題かもしれませんが。

ですが最近は、プルームテック(たばこカプセル)対応の電子タバコが色々販売されています。

電子タバコでたばこカプセルをつけて吸っていると、リキッドの味とたばこカプセルの味、香りがどのように表現されるかが楽しみになってきます。

プルームテック対応で、よりいい電子タバコを試してみたくなりました。正直どれがいいのか迷っていましたが。

そこで「使い勝手・バッテリー容量・リキッドの味・香り」が、たばこカプセル対応の電子タバコで、どのように表現されているのかを調べて購入を考えたのが「JUSTFOG(ジャストフォグ ) Q14」韓国製の電子タバコです。

JUSTFOG Q14 仕様は?

全2色 シルバー・ブラック
サイズ 96.45mmx34.5mmx18.2mm
重さ 96g(バッテリー+アトマイザー)
リキッド容量 1.8ml
バッテリー容量 900mAh(内蔵型)
抵抗値 1.0-3.0ohm
素材 ステンレス・パイレックスガラス
コイル 1.6ohm (6〜12W)
リキッドチャージ トップフィル
エアーフロー ボトムエアーフロー
充電ポート USBポート
保護機能 ショート・過熱・過放電過充電・電圧オーバー充電

このような使用になっています。

ちなみに、「Vpen」のバッテリー容量は390mAhですので倍以上はあります。

素材もステンレスにアトマイザー本体はパイレックスガラスになっています。

JUSTFOGコンパクトバッテリー本体

上がバッテリー本体、下がClearomizerになっています。

バッテリー内にアトマイザー(Clearomizer)を入れ込む形になります。

バッテリー本体は「900mAh(内蔵型)」になっていますので、フル充電で1日使えるぐらいはあります。※個人の吸い方の違いで1日持たない場合があります。

出力モードは「低電圧出力」になりますので調整はできません。

Q14 Clearomizer

こちらがボトムコイル式のアトマイザーになります。

素材はパイレックスガラス製になっています。エアーフローでとりこむ空気を調整が可能になっています。

エアーリングはステンレス製で作られています。ここを回すことにより、空気圧の制御が可能になります。

そしてコイルを入れるためにアトマイザーを分解すると星型の製品が見えます。

なぜここの部分が星型になっているのかと言うと、リキッドの跳ね返りを防止するために、このような構造をしているみたいです。

こちらが1.6Ωのコイルになっています。

コイルをつけるとこのようになります。

コイルをつけたら次はリキッドを入れていきます。

JUSTFOG Q14コイル

「JUSTFOG Q14」のコイルは、交換可能なプリメイドコイルになっています。

このように交換用コイルも購入できます。

「JUSTFOG Q14」のコイル交換用1.6Ωです。1.2Ωのコイルもありますが、たばこカプセルの交換が早くなると言われています。

このコイルにはオーガニックコットンが使われています。

オーガニックコットンとは?


農薬などの使用を厳しい基準でクリアしたコットンになっています。
また除菌もされていないので、環境にもやさしい。
このオーガニックコットンを、電子タバコで使用すれば、リキッドの味がよりクリアになると言われています。

さっそくリキッドを入れます

リキッドはタンクを外して、底から注いでいく形になります。

リキッド漏れ防止のために、バッテリー本体からアトマイザーを外してからリキッドを注いでください。

この時に中心の穴にリキッドが入らないように、内側の側面にリキッドをあてながら注いでください。

この線以上リキッドを注ぐと漏れる場合があります。

リキッドを注ぎ終われば、バッテリー本体にアトマイザーをつけます。

充電、操作方法

充電はバッテリー本体の底にケーブルのさし口がありますので、ここから充電する形になります。

※このセットには充電用のUSBケーブルはついていません。

・充電中は赤色でお知らせします。

・充電完了は青色で完了をお知らせします。

操作方法

ここのボタン(パフボタン)で電源を入れます。

・電源ON/OFF→素早く4回押す(2秒間以内)

バッテリー残量の表示はこのボタンの色でわかります。

・100~75%「白」

・75~50%「青」

・50~15%「緑」

・15~0%「赤」

充電残量を光によって教えてくれるので便利です。

それでは吸っていきます

大きさは100円ライターと比べてこのくらいです。ドリップチップをつけなければ同じ位の大きさです。

ウーキークッキーの60mlのボトルの方が大きいです。

今回のリキッドは初の海外リキッド「ウーキークッキー」を購入したので、さっそく吸ってみます。

こちらのリキッドは海外製ですが、ニコチンは入っていないです。

そして、「ウーキークッキー」は人気がすごいです。

結構な方がBEST3に入るくらいおいしいと評判の人気のリキッドになっています。

「JUSTFOG Q14」吸ってみた感想は、しっかりとリキッドの味が伝わり喉にくる刺激もありました。

蒸気の量はvpenより多く、eGo AIOよりは少ない感じです。

「JUSTFOG Q14」のアトマイザーとコイルのオーガニックコットンがいいのか分からないですが、私の持っている電子タバコの中で1番味が伝わります。

私の使っている3種類の電子タバコには、それぞれメリット、デメリットがありますが、今回購入した「JUSTFOG Q14」だけたばこカプセルの底がドロドロしませんでした。

リキッドの種類にもよりますが、電子タバコでたばこカプセルをつけて吸うと、たばこカプセルの中に入っている「たばこ葉」に蒸気が付着して半日くらいしたらドロドロとしてきます。

しかし、「JUSTFOG Q14」で試しに1日たばこカプセルを変えずに吸っていた所ドロドロになりませんでした。

今度、他のリキッドでも試してみますが、「JUSTFOG Q14」ならたばこカプセルの持ちがよくなり、一番節約できるかもしれません。

まとめ

「JUSTFOG Q14」でたばこカプセルをつけて吸ってもたばこカプセルの底はドロドロならずに、味がなくなるまで吸える。

また、充電は私の場合は1回充電することにより、1日持ちます。なのでモバイルバッテリーは持ち運ばなくてもよくなりました。

味はしっかりと再現されますので、「JUSTFOG Q14」がたばこカプセルをつけて吸う電子タバコの中では、一番いいかもしれません。

最近、たばこカプセル対応の電子タバコが多くなってきていますので、どれがいいのか迷いますが、私の持ってる中でしたら、「JUSTFOG Q14」か「Vpen」(充電回数が多くなる)でいいならこの2つがおすすめです。

※未成年者の喫煙は法律で禁じられています。タバコは20歳になってから。

 

注目

参考→全国販売だけじゃない!Ploomオンラインショップでできること

参考→【2018年最新】驚きのプルームテックアクセサリー特集!

参考→これはすごい!「なにわでんねん」熊汁まんまや まさにパイン飴

参考→「2017年決定版」おすすめの電子タバコ特集!購入しようか迷ってるならこれを読め!

参考→プルームテックに合うリキッドは?おすすめの組み合わせ方

参考→カートリッジはもう不要!プルームテック驚きの節約方法