電子タバコでたばこカプセルを「Vpen(ヴィーペン)」を使って見た

こんにちは、飲んべいです。

先日、紹介した「Vpen」が家に届きました。

・プルームテックたばこカプセル対応の電子タバコ「VPEN(ヴィーペン)」が使えそう

プルームテックのたばこカプセルをつけて吸える電子タバコ「Vpen」

こちらは、スターターキットにたばこカプセル対応のドリップチップがついていますので、このセットを購入すれば、そのままプルームテックのたばこカプセルを吸うことができます。(リキッドは別売り)

早速「Vpen」を開けて使って見たいと思います。

Vpen(ヴィ―ペン)

箱の中身は?

まず、箱を開けると意外とシンプルに本体のみが現れます。

まさに高級なペンを購入したような感じになります。

この蓋を閉じるとしっくりきます。なぜだろうと思ったら横に磁石がついていました。

「Vpen」は箱にも気配りができていますね。

磁石のおかげで、しっかりと蓋が締まります。

箱の中身はこんな感じです。

本体の下に、充電コード、説明書、予備のコイル、ドリップチップがありました。

そしてキャップにクリップが付いてる

もちろん説明書は、日本語での説明があります。

本体は?

先ほどの袋に入っていた本体をバラしてみました。

このように分けれます。

アトマイザーの中心には穴が開いています。

この穴を避けて、リキッドをいれてください。

リキッドはそんなに入れれません。

コイルは「AI1.3Ω」です。

吸う前に

充電中は赤く光ります。

充電完了は光が消えます。

始めは充電がされていましたので、すぐに使えます。

「Vpen」に付属しているドリップチップは、たばこカプセルがピタっとハマります。

アトマイザータンクにリキッドをいれて、組み付ければ完成。

吸ってみます

吸ってみた感想は、プルームテックに「アトマイザー互換カートリッジ」をつけて吸った時と同じような感じです。

・【プルームテック】アトバイザー 互換 カートリッジを買ってみた

吸う時にけっこう吸い込むと思いますが、「Vpen」も同じように吸い込みます。

そして、喉にくる刺激はプルームテックに比べ断然つよいです。

煙の量は、プルームテックよりは増えますが、電子タバコまではいきません。

これで吸ってから、「eGo AIO」で同じように吸えばむせます。

Vpenのいい所

・ペンタイプだから持ち運びが便利。(軽い)

・「eGo AIO」に比べたばこカプセルがべたつかない。

・アトマイザータンクを交換できる。

・始めからたばこカプセル対応のドリチがついてる。

・吸えば電源が入るので楽。

・リキッド漏れはない。

Vpenの悪い所

・リキッドを入れる時に気をつかう。

・吸引するに吸い込むのが疲れてくる。

・洗浄して使うにはめんどくさい。

・タンクが小さいので、リキッドを入れる回数が増える。

アトマイザー交換

アトマイザータンクを交換できるようになっているので便利です。

まとめ

プルームテック対応のアトバイザー互換カートリッジがあれば、無理に購入することはないです。同じような感じなので。

もう少し吸いやすいと思いましたが、けっこう吸わないといけないので、連続で吸ってる方には向かないかもしれないです。

ただ、たばこカプセルをつけて電子タバコに挑戦したい方には、全てがそろっていますのでいいです。

リキッドの味を味わいたかったり、メンソールの刺激をもっと味わいたい、プルームテックのたばこカプセルを最後まで使いきりたい方にはおすすめです。

※未成年者の喫煙は法律で禁じられています。タバコは20歳になってから。

参考→「2017年決定版」おすすめの電子タバコ特集!購入しようか迷ってるならこれを読め!

参考→プルームテックの単体バッテリーがオンラインで販売開始するぞ

参考→プルームテックに合うリキッドは?おすすめの組み合わせ方

参考→電子タバコの勝利か?たばこ税値上げで加熱式も対象に!節約しようプルームテック

参考→【PloomTECH】以外にあった!アクセサリー特集

参考→プルームテックオンライン【限定販売】争奪戦をまとめてみた

最新情報をチェックしよう!