漏れないRTA! Geekvape ZEUS(ゼウス)を使ってみました!

どうも、飲んべいです。

RTAアトマイザー「Geekvape ZEUS(ゼウス)」を紹介します。

珍しいトップエアフロータイプにより、漏れ防止を優先したアトマイザーのようで、リキッドが漏れないと評判です。

そしてタンク内から顔をのぞかせているZEUS様、なんとも言えません(笑)

では紹介していきます。

 

 

ZEUS(ゼウス)RTAトップエアフローで液漏れなし

メーカーは Geek vape。プラスチック製のパッケージになっています。

アトマイザーが見えますが、タンク内にはZEUSのロゴが刻印されています。

付属品

・ZEUS RTA アトマイザー本体
・交換用ガラスチューブ
・510ドリップチップ
・510ドリップチップアダプタ
・810ドリップチップ
・コイル
・スペアパーツ一式(Oリング、イモネジ類)
・T字レンチ
・ユーザーマニュアル

スペック

・直径 :25mm
・全長: 38mm
・接続 :510スレッド
・リキッド容量 :4ml
・ドリップチップ: 810(510変換アダプタ付き)
・デッキ :シングル
・リキッドチャージ :トップフィル
・エアフロー: トップエアフロー

 

 

ZEUS RTAの詳細

デザインはシンプルなアトマイザーって感じです。

シルバーを購入しましたが、ピカピカシルバーではなく、マットな仕上がりになっています。

ZEUS RTAを分解

左から「デッキ・タンク・ドリップチップ」になります。

さらにタンクを分解すると
・チューブパーツ
・ガラスチューブ
・トップキャップ
・チャンバー
・リング
に分かれます。

デッキはシングルコイル前提のポールレスデッキになります。

コイルの固定は2つのイモネジを回して取り付けます。

ポールに付いている、無数のエアホールから空気を取り込みコイルに当たる構造になっています。

より濃い味を楽しめる「3D airflow」システムってやつかな(笑)

チャンバー裏は、両サイドから空気を取り込むようになっています。

初期の状態ではドリップチップ810が装着されていますが、専用の510変換アダプターが付属していますので、そちらを装着するとこのようになります。

アダプターにより、510ドリップチップも装着できますので、ドリップチップが幅広く選択できます。

付属のドリップチップは全て樹脂製です。

リキッドチャージはトップフィルになっています。

ツメの位置を合わせれば簡単に取り外すことが可能です。またリキッドチャージ後は、ツメの位置を合わせて取り付けてください。

ZEUS RTAはトップエアフローになっています。エアフローがトップになったことでリキッド漏れがなくなったようです。

エアフローの調整は、トップキャップ下のエアフローコントローラーを回して調整してください。

 

 

ZEUS RTAをビルド

ポールレスデッキって難しいんですよ、ビルド。コイル足を合わせて装着しないといけないんで、長さを決めるのが・・・。

とりあえずカンタル1A 24g 2.5mm でビルドしてみました。

コイルの高さはこの位置でいいのか悪いのか?

一応、無数のエアホール中央にくるようにしました。

で、いつものようにコットンを適当に通して、こんな感じに。

コットンはデッキ底にあたるようにカットしてあります。

ビルド後、組み合わせてリキッドを補充しようとしたら、まさかのZEUS様がひょっこり降臨しました!

吸ってみます

ZEUS RTAを「Armour Pro(アーマープロ)」 にのせて吸ってみます。

スゥ~。やはり立ち上がりスピードがピカイチですよ、Armour Proは。

吸った感想は、悪くないなっと!

けっこう濃厚な味ですし、やはりRTAは一度リキッドを注いでおけば楽ですね。

おいしい味を楽しめます!

そしてZEUS RTAが漏れないという噂は本当ですよ!

 

 

まとめ

噂通りのZEUS(ゼウス) RTA。リキッドが漏れることもなく、濃厚な味を楽しめるアトマイザーでした。

見た目がシンプルだからMODに合わせやすい。

タンクが4mlってとこが、またいいですね。クリアロに比べ自分でビルドすることで、コイル代も安くすみます。

RTAを購入しようと決めている方、このZEUSはおすすめですよ!

それでは、また。

 

※未成年者の喫煙は法律で禁止されています。タバコは20歳になってから。

 

最新情報をチェックしよう!