ヴェポライザーのコスパ最強伝説は本当だった!

どうも、飲んべいです。

早く花粉の時期が終わって欲しいです。

レインボーブリッジは封鎖できませんが、私の鼻は完全に、鼻水で封鎖されています。

さて、先日購入したヴェポライザーを、最近使っていますが、多分ヴェポライザーはコスパ最強だと思います。

そこでなぜコスパ最強なのか紹介します。

ヴェポライザーってコスパ最強だったんだ

なぜヴェポライザーはコスパ最強だと思うのか説明します。

まず、私はヴェポライザーを使いシャグと言う紙巻きたばこに使う、たばこ葉を好んで使っているんですが、このシャグが全然減りません。

人によって使う量は異なると思いますが、市販の紙巻きたばこ一日ひと箱だった私の場合は、25gのシャグで1か月いけそうな勢いです。

そのくらいシャグが思っていた以上に減らないです。

シャグ「25gで約550円~」、「紙巻きたばこ用フィルター200個ぐらいで約400円」しかもフィルターは半分に切って使っています。

この場合、月に約1000円でたばこを吸えるんだ。

市販の紙巻きたばこ一日(460円)ひと箱の方は、30日で13,800円となると、その差は歴然です。

こうも違いがでるのかと疑うレベルですね。

シャグが足りなければ、もう一つ買っても約1550円で済むとなると、ヴェポライザーってコスパ最強なんだと感じます。

ヴェポライザーを使ってみて

ヴェポライザーでシャグを吸った感想

ヴェポライザーを使ってシャグを吸引するとわかると思いますが、フィルターつけないと、ニコチンが凄まじいです。

イガイガもあります。

好きな方はいいと思いますが、イガイガが気になる方は、グリセリンを使うことにより、吸いやすくなると思います。

ヴェポライザーにリキッドを垂らすと故障の原因になります。と書いてありますが、私はヴェポライザーにシャグを詰めてから、グリセリンを「1、2滴」垂らして吸っています。

イガイガが消え吸いやすく、蒸気もアップします。

ただ、リキッドの垂らしすぎもよくないと思いますので、自己判断でお願いします。

 

シャグの準備・掃除がめんどくさい

ハッキリ言います、ヴェポライザーにシャグを詰めたり、掃除するのがめんどくさいです。

普段はいいですが、外出した時はスーパーめんどくさくなります。

ヴェポライザーは、シャグなどを詰めて吸引しますが、吸うたびに詰めたり、ある程度吸ったら掃除もしなくてはなりません。

特に外出時には、葉を詰めたりするのがめんどくさいので、専用のスペーサーにあらかじめシャグを詰めて、ストックしておく方がいいです。

私は「WEECKE C-Vapor2+」を使っていますので、このスペーサーは必需品になっています。

 

バッテリー容量

WEECKE C-Vapor2+」は充電がすぐになくなります。多分約10回ほど吸引するとバッテリーがなくなり、吸えなくなります。

そのため、外出時にはモバイルバッテリーが必需品になります。

しかも、「1A」出力ができる、モバイルバッテリー限定で。

ただ「WEECKE C-Vapor2+」の充電スピードは速いと思います。

 

持ち運び

外出する際には、モバイルバッテリー、ヴェポライザー、シャグやスペーサー、クリーニングキットなど、お店を広げるくらいの荷物になります。

持ち運びに関しては、ポーチやバックが無ければ、ポケットに入れて外出するには至難の業なので、いい小物いれを探すのをおすすめします。

だけどやっぱり ヴェポライザーを使いたい

ヴェポライザーに葉を入れたり、掃除したりとめんどくさい、持ち運ぶのも大変と思うヴェポライザーですが、やはりコスパが最強と言うことで、使っていきたいです。

市販の紙巻きたばこに比べ、ヴェポライザーは火を使わないのでタールが発生しないのもいいですね。

ヴェポライザーでの吸引の際には、ニコチンがどのくらい摂取しているのかわからないですが、フィルターを付けて吸う方が私的には好きです。

ニオイやニコチンが気になる方は、やはりプルームテックが一番だと思いますが、たばこ税が上がった時のたばこカプセルの値段を考えると、この先どうなるかな?気になりますね。

 

まとめ

ヴェポライザーが気になり、使ってみましたが、シャグも思った以上にまろやかに感じ吸いやすかったです。ニコチンに騙されているだけかもしれないですが、私のおすすめは、シャグにグリセリンを2滴垂らし、半分にしたフィルターをつけて吸引するのがおすすめです。

まだ、吸い始めたばかりですが、シャグが何日もつのか気になります。

ヴェポライザー間違いなく、コスパは最強だと思いますが。

 

※未成年者の喫煙は法律で禁止されています。タバコは20歳になってから。

 

最新情報をチェックしよう!