コスパ最強の加熱式タバコ「ヴェポライザー」節約につながるか?

どうも、飲んべいです。

 

さっそくですが、「ヴェポライザー」って知ってます?

 

元は医療用で開発されていて、医療ハーブを吸うための製品でした。

このヴェポライザーは、加熱式タバコの部類になります。

ヴェポライザーは、市販の紙巻きたばこやシャグ(手巻きたばこ用の葉)などを使い、香りや味を楽しめる製品になっていますが、最近このヴェポライザーが気になっています。

 

そうです、私みたいに禁煙したいけど、タバコがやめられない方、この「ヴェポライザー」は、コスパがいいと評判なんです。

 

そこで、ヴェポライザーとはどのような製品なのか見ていきましょう。

ヴェポライザーとは?

タバコ葉を電気の熱であたため、熱せられたタバコ葉からでてくる、蒸気を吸引する器具のことをいいます。

 

もちろん、火を使いタバコ葉も燃やすわけではないので、タールに含まれる毒素や一酸化炭素などの有害物質を含む煙はほとんど発生しません。

 

加熱式タバコ「アイコス・グロー」に似ています。

 

この「ヴェポライザー」は医療用に作られた製品で、医療ハーブなどを吸引するための器具でした。しかし、医療ハーブを喫煙する際に有害物質が発生していたみたいです。

 

そこで、「ヴェポライザー」を安全に使用できるように改良していった結果、医療用とは使い方は異なりますが、安全に使用できる製品が、現在の「ヴェポライザー」になっています。

 

ヴェポライザー専門店なら【VAPONAVI】

人気のヴェポライザー「WEECKEやAiristech」など豊富な品揃えになっています。

ヴェポライザー専門ショッピングサイト【VAPONAVI】

節約につながりそう

紙巻きタバコの増税から、たばこ税が加熱式タバコも対象になり、値段が上がります。

遂にひと箱「500円」の時代になりそうなんですが、増税されたからと言ってタバコをやめれないし、たぶん私は吸い続けると思います。

 

上げた税金を何に使うのかハッキリと国民に説明してもらいたいですね。

このままでは、私たちのケツの毛までむしり取られそうです。

 

1:増税するならタバコをやめる⇒ニコチン依存でやめられない。

2:わかばやエコーなどの安い物⇒なれないと吸うのに抵抗がある。

3:本数を減らす⇒ついつい吸ってしまう。

 

増税されたと言ってもやめれない私と同じ方は、少しでもひと箱を長く持たせたり、節約していかないと、一日ひと箱吸う方は「ひと月:約1万5000円」を使うことになります。「年間:約18万円」もっと吸っている方は・・・

 

そこで、この「ヴェポライザー」を使うことにより、ひと箱を節約したり、シャグ(手巻きたばこ用の葉)を使い吸引することにより、節約につながりそうな予感がします。

 

節約につながる理由は?

節約と言えば、私はプルームテックのたばこカプセルを電子タバコで吸ったり、プルームテックのカートリッジを再生したりしています。

ただ、こちらの方法は、プルームテックのたばこカプセルや、電子タバコのリキッドの味や香りに抵抗がない方は試せるし、コスパがよくなっています。

 

 

しかし、たばこ本来の味を楽しみたい方や「アイコス・グロー」を吸いなれていて、節約したい方の場合「ヴェポライザー」を使う方がいいと思います。

 

その理由は、似ているから

 

同じように、たばこ葉を熱であたため蒸気にして取り込むところは「アイコス・グロー」と同じような方式になります。プルームテックでは物足りない方が、少しでも節約したいとなれば「ヴェポライザー」がいいと思います。

 

ヴェポライザーが節約につながる理由は「アイコス・グロー」のスティックやフレーバーを細かくして、何回かに分けて吸うことができます。

 

例えば、アイコスのスティック1本を4等分にすることで、吸引回数が「4回」増えます。

するとどうでしょう?ひと箱20本入りのアイコス・スティックが「80回」の吸引が可能になります。

※吸い方によってまちまちなので大げさに言ってます。

 

これが可能なら「ヴェポライザー」コスパ最強じゃん。

えぇ、それができるんです「ヴェポライザー」なら。

しかも、アイコス・スティックだけじゃなく「シャグ(手巻きタバコ用の葉)」も可能ですよ。

1本の吸引回数が約4倍に増えれば、節約・コスパ最強になります。

だから私めっちゃ気になっています。

 

ヴェポライザーの特徴

ヴェポライザーは、タバコ葉を電気の熱であたため、熱せられたタバコ葉からでてくる、蒸気を吸引する器具のことをいいます。

 

電気の熱は、製品によって異なりますが「約200度前後」の熱でたばこ葉をあたためます。

紙巻きタバコとは違い、火を使わないので「タール」は発生しない。

ャグや市販の紙巻きたばこ・加熱式タバコの葉」を使うことができる。

 

加熱式タバコより、紙巻きタバコと言う方にはおすすめで、市販の紙巻きタバコも「ヴェポライザー」なら使うことも可能です。

 

気になったから購入た

節約・コスパがいいと言う理由もあり、ついつい購入してしまいました。

今回、購入したの商品はこちらなんですが。

WEECKE/C-VAPOR 2.0 PLUS

 

世界的に有名な WEECKEから販売されている、「C-VAPOR 2.0 PLUS」モデルのヴェポライザーを購入してみました。

 

C-VAPOR 2.0 PLUS」は、ヴェポライザーの中でも高性能になっています。

 

・温度調整は8段階管理されていてLEDで見やすい。

・たばこ用フィルター装着可能。

・深い味を味わえるセラミックチャンバーを採用。

・バッテリー容量1600mA。

・短絡及び過充電を防止する保護回路付きで安心。

・ワックスも使用可能。

・4分で自動電源オフ。

 

何かと使い勝手が良さそうだし、510規格でたばこカプセルつけれるし、試しに買ってみました。

 

 

ヴェポライザー専門店なら【VAPONAVI】

人気のヴェポライザー「WEECKEやAiristech」など豊富な品揃えになっています。

ヴェポライザー専門ショッピングサイト【VAPONAVI】

まとめ

節約にもつながるヴェポライザーは、この先、人気がでてきそうな予感がします。

今回は、節約を目的でヴェポライザーと言う加熱式タバコを購入してみましたので、商品が到着したら使って見ます。

果たして節約につながり、味や香りには満足できるのかなぁ~。

早く商品が到着してほしいです。

 

※未成年者の喫煙は法律で禁止されています。タバコは20歳になってから。

 

最新情報をチェックしよう!