JT新モデル2種類の発売を1月29日に前倒し!予約受付は1月25日から

どうも、飲んべいです。

JTの新型加熱式たばこ「プルームテック・プラス」と「プルーム・エス」の発売日が前倒しされました。

まさかの出来事に、驚いています。

しかも2019年1月29日になった。って再来週ですよ!

ちなみに、1月25日から予約受付開始にもなっています。

1月17日に新製品の発表会、プルームオンラインショップのメンテナンスと騒がしかったのは、このためだったのか!

そんな新製品2種類の販売価格や製品情報をまとめてみます。

 

▽先日公開された新モデルの動画についてはこちら
「プルームテック+」&「Ploom S」動画が公開されたと思いきや?

▼新モデル2種類を使った感想

新デバイス2種類「エスとプラス」を使用した感想と「たばこスティック&フレーバー」レビュー 

 

広告

 

新モデルの販売価格・製品情報

PloomTECH +(プルームテック・プラス)  Ploom S(プルーム・エス)
価格 4,980円(税込) 7,980円(税込)
カラー 2色 6色
専用たばこ カートリッジ・たばこカプセルセット(価格:500円) たばこスティック(価格:480円)
加熱方式 低温加熱型 高温加熱型
加熱時間 なし 約40秒
吸引可能時間 不明 約3分30秒(14パフ)
フル充電まで 約90分 約90分
連続使用 可能 可能
発売日 2019年1月29日(予約は1月25日~) 2019年1月29日(予約は1月25日~)
特徴 ・低温型

・専用カートリッジは250パフで交換

・たばこカプセルは50パフで交換

・吸いごたえがプラスされた。

・高温型

・約3分30秒(14パフ)の吸引時間が可能

・たばこスティックを差し込む

・タバコにちかい味わいがする

こんな感じです。

プルームテック・プラスは、低温型だけど吸いごたえがプラスされ、専用カートリッジはPodアトマイザーになっています。

専用カートリッジにはたばこカプセル5個入って500円!!ついに500円になりましたね(汗)

吸引回数は、プルームテックとほとんど変わらない、たばこカプセル50パフ、カートリッジ交換は250パフを目安に交換とされています。

 

プルーム・エスは、やはりたばこスティックを採用しています。

専用スティックの価格は480円と控えめで、約14パフ(約3分30秒)で吸い終わるみたいです。

驚いたのが、連続吸いは可能になりますが、フル充電で約10本使用可能となります。約10本って・・・。マジっ?

製品についてちょっとまとめます。

 

広告

 

プルームテック・プラス

・プルームテックよりも吸いごたえがアップしている

・価格は4,980円(税込)

・専用カートリッジを採用(Podアトマイザー)約250パフで交換

・専用たばこは、カートリッジとたばこカプセルがセットで500円(税込)

・たばこカプセルはプルームテックと同じ50パフで交換

・面倒な操作は必要なく、組み立てて電源を入れるだけ

・連続でパフすることが可能

 

プルーム・エス

・思いのほかコンパクト

・価格は7,980円(税込)

・たばこスティックを採用(味がいい)価格は480円(税込)

・加熱温度に到達まで40秒かかる

・1回の喫煙時間は約3分30秒または14パフ、連続吸いは可能

・フル充電で約10本使用可能

・専用のクリーニングブラシがあるので、メンテナンスが必要

 

新モデルについて

プルームテック・プラスは、思っていた通りの使い方でした。

組み立ては、バッテリーにカートリッジカバーを取り付け、Podアトマイザーを挿入し、トップキャップを付けるだけです。

ほぼペン型VAPEです。

専用カートリッジには、すでにリキッドが入っています。なのでリキチャは難しいですね。

一方、初の高温型加熱式たばこ「プルーム・エス」は、なんと言ってもフル充電で約10本がちょっと残念です。

1回の喫煙可能時間は約3分30秒(14パフ)なので、他の加熱式たばこと、ほぼ変わりありません。

味はタバコを吸っているような感じと言われていますので、ちょっと期待しています。

 

広告

 

まとめ

なんにせよ、発売日が1月29日、予約受付は1月25日になったことがうれしいですね。

3月に発売と思いきやまさかの前出し!!

しかも来週ですよ!予約受付。そしてサイトには繋がるのだろうか・・・。

とりあえず、購入できたらまた紹介しますね!

それでは、また。

 

 

最新情報をチェックしよう!