【禁煙を叶える】タバコの代わりになるアイテムおすすめ9選!かっこいいのはこれ

近年ではタバコにかかる税金が高くなり、年々タバコ代が高くなっていくのを実感しますね。

タバコが値上がりする度に禁煙を決意する方もいるかと思いますが、禁煙を成功させるにはタバコの代わりになるアイテムが重要です。

この記事では、タバコの離脱症状が治まるまでに禁煙中のタバコ代わりになるおすすめアイテムと禁煙成功の秘訣をご紹介します。

禁煙タバコ代わりになってかっこいいと評判の禁煙グッズもピックアップしてます。これから禁煙したいと思っている方はぜひ参考にしてくださいね。

目次

禁煙タバコの代わりになるアイテム9選!

禁煙を成功させるには吸いたくなったときの気分を鎮めるためのタバコ代わりになるモノが不可欠です。

ここでは、禁煙中のタバコ代わりになるアイテムを9つ紹介していきます。ビジュアルがかっこいいモノといえばVAPEを活用したCBDリキッドやCBDペンが人気です。

ガム

ガムは禁煙中に口が寂しく感じたときに噛むことで、その症状を紛らわせることができます。

禁煙しようとするときにガムを頻繁に噛む人も多く、ガムのリラックス効果を利用して喫煙したい気持ちを抑えることにも貢献します。

また、咀嚼を繰り返すことで脳にも刺激を与え活性化を促します。ガムはタバコの代替え品としては手軽ですが、噛むタイミングはマナーを守るようにしましょう。

一般的なガムでもいいですが、ニコチンガムを利用すると効果的です。

アメ

禁煙中の口寂しさ対策として、アメもガム同様におすすめのアイテムです。喫煙したいタイミングでアメを舐めることで、口寂しさを紛らわせることができます。

アメにはさまざまな味があり、自分の好みやその日の気分で好きなものを選べるのもポイント高いです。

フルーツ系やミルク系などの味も良いですが、近年では禁煙アメなども販売されているので利用してみるのも良いでしょう。

コーヒー

タバコに含まれるニコチンは、神経活動を活発にして頭をスッキリさせる効果やリラックスさせる効果があります。

コーヒーに含まれるカフェインにも同じような効果があり、全く同じではないものの、似たような効果を得ることができます。

そのためタバコを吸いたくなったタイミングでコーヒーを飲むことがおすすめです。

コーヒーを飲むときは、インスタントや缶コーヒーも良いですが、ドリップ式のものもおすすめです。

自分の手でドリップするときの香り、飲んだときのコクや酸味などインスタントにはない楽しみ方ができます。

タバコを止めると味覚や嗅覚が回復するので、より美味しく楽しめるでしょう。

ミンティア

メンソール系のタバコを吸っていた方におすすめなのがミンティアです。メンソール系のタブレットならミンティアに限定しなくてもOK、口の中がすっきりする効果があります。

タバコを吸わない方にもリフレッシュ効果が期待できるもののため、喫煙したいタイミングで口に放り込むと良いでしょう。

ポケットに忍ばせておけるサイズなのもおすすめポイントです。

パッチ

パッチは、正式には「ニコチンパッチ」などといい、ニコチンを含んだシールタイプの医薬品のことです(参照:ニコチネルパッチ)。

毎朝1回、肌に貼ると1日中喫煙したい気持ちやイライラする気持ちを解消させることができます。

禁煙にチャレンジする方のうち、医療機関を介して禁煙する場合に良く使われています。

禁煙効果の高さや使用方法の手軽さも、支持される理由でしょう。

吸うビタミン(ビタボンなど)

電子タバコのようなスティック型で、水蒸気状のビタミンを吸うのが吸うビタミンです。代表的な製品ではビタボンなど人気があります。

タミンA、B、C、D、E、コエンザイムQ10などのビタミンを、さまざまなフレーバーで吸うことができ、煙などの発生がないので安心して吸うことができます。

タバコのようにヤニ臭さがなくて各フレーバーの香りが漂い、周囲に迷惑をかけることがありません。

ビタミンを摂取できるので健康や美容にもおすすめの品です。

ただ、禁煙サポートに使用するときは、いきなり吸うビタミンのみに切り替えるのではなく、徐々に吸うビタミンに切り替えることがコツです。

フォルムは電子タバコでも、吸った感じは水蒸気なのでタバコを吸っている感じはしません。どうしても我慢できない外出時などに利用すると良いでしょう。

電子タバコ(VAPE)

電子タバコ(VAPE)はフレーバーリキッドを加熱してその蒸気を楽しむものです。タバコのヤニ臭さや煙が発生しないので周囲に迷惑をかけないことが特徴です。

禁煙の序章としておすすめのアイテムですが、ニコチンやタールが含まれていないので、タバコを吸ったときと同じ満足感は得られません。

ですが、他のアイテム同様に口寂しさや吸いたい衝動を紛らわせるには良いでしょう。

加熱式タバコ(プルームテックなど)

加熱式タバコは火を使わないことが最大の特徴で、専用の機器でタバコの葉を加熱して出てくる水蒸気で喫煙します。アイコスやプルームテック、パルズなどが有名ですね。

加熱式タバコは煙や臭いがないので、周囲に迷惑をかけないことがメリットですが、ニコチンやタールを含んでいるため、実質的な禁煙対策にはらないでしょう。

特に、健康面などに配慮して禁煙したい方は、加熱式タバコよりもニコチンやタールを含まない電子タバコの方がおすすめです。

CBD製品

CBD製品は大麻に含まれるカンナビノイドのうち、違法成分ではないカンナビノイドを使用したもので、リラックス効果を得られるとして近年世界中で注目を集めています。

タバコやアルコールのように依存性がないため、近年では医療用にも使われ、痛みなどの緩和や不眠の解消にも効果が期待されています。

CBD製品にはVAPEなどで吸引するCBDリキッドCBDワックスCBDオイルに加えて、おやつのように食べるCBDグミなどがあります。

吸う感覚としてはタバコのようなスッキリ感はありませんが、リラックスできるので喫煙したい気持ちを和らげるのに役立つでしょう。

またVAPEなどの電子タバコを活用した禁煙グッズはかっこいいと好評でタバコ代わりに吸う人が増えていますね。

禁煙が難しい、タバコがやめられない、無性に吸いたくなる理由

タバコに含まれるニコチンには依存性があり、タバコを吸うことで体内に吸収され、中枢神経のうちドパミンを介する脳内報酬系に作用すると言われています。

ニコチンは吸収が早くて体内から消失するのも早いのですが、定期的にニコチン摂取を繰り返すと脳細胞がニコチンを摂取しないと以前と同じレベルで活動しなくなってしまう中毒状態に陥ります。

この状態をニコチン中毒やニコチン依存などといい、タバコを手放せない状態になるのです。

(参考:ニコチン依存症の仕組みを知って「禁煙を!」

常にタバコを吸う、毎日タバコを吸うようになると、喫煙後30分ほどでニコチン切れを感じるようになり1本吸いたい衝動にかられます。

喫煙者はニコチンの血中濃度をタバコを吸う頻度で調節していて、自分に最適なニコチン血中濃度を保つことで精神的効果を得るとともにニコチンの離脱症状も避けているのです。

ニコチンが切れてくるとイライラしたり、集中できなくなったりして、タバコを吸いたくて仕方ない状態になります。

そのため、禁煙のコツはニコチン切れによるイライラ、ストレス解消にアプローチする物があると良いと言われています。

(参考:禁煙の準備

ニコチンを急に一切摂取しなくなるのではなく、徐々に減らしていけるニコチンガムやパッチ、電子タバコなどを利用するのが良いとされていますが、近年ではニコチンに一切依存せず、成分自体に依存性がないCBDが注目されています。

CBDは神経に作用してイライラ、ストレスなどを緩和するもので、リラックス効果も期待できます。

痛みや不眠状態を緩和する効果も期待できるので、世界中から禁煙アイテムとしても注目を集めています。

まとめ

今回は禁煙するときにタバコの代わりになるアイテムをご紹介しました。

アメやガムのほかに、電子タバコやCBDなど想像以上に多くのアイテムがありましたね。

タバコは百害あって一利なしとも言うので、できればやめる方が良いですが、急にやめられないのも事実です。

医療機関を介して辞める方法もありますが、万単位の治療費がかかることもあるので、できればタバコの代わりになるアイテムを上手く使って禁煙したいですね。

試してみよう!と思えるアイテムが見つかった方は、さっそく手に取ってみてください。

禁煙タバコ代わりになるかっこいいアイテムはCBDリキッドやCBDペンです!詳しくはそれぞれ下記記事をご覧ください。

CBDリキッドおすすめランキング!安い初心者向けから最強高濃度な上級者向けまで!

使い捨てCBDペンおすすめランキング!CBD初心者にはこれ

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる