プルームテック全国販売に向けて販売地域を8都市に拡大開始

プルームテック全国販売に向けて販売地域を8都市に拡大開始

こんにちは、飲んべいです。

最近、周りの人たちを見ていると、ふと思うことがあります。

紙巻きたばこを吸っている方より、加熱式たばこを吸っている方の方が多くなったなぁ。

しかし、右を見ても左をみても「アイコス・グロー」あれっプルームテックは?と思うことがあります。

さすがは、加熱式たばこトップのアイコスと思いながら、グローも人気があるな。

そして、プルームテックはと言うと、完全に出遅れ感が半端ない感じです。

そんなプルームテックも全国販売に向けて「本日2018年2月5日」より販売地域の拡大を開始しました。

スポンサーリンク

プルームテック販売地域の拡大

プルームテックの始まりは、福岡から販売を開始しました。

そして、東京都の順に専門店やコンビニなどで、プルームテックを取り扱うように動き始めます。

何といっても、今回の販売地域の拡大は、まとめて6都道府県の拡大と一気に動きました。

プルームテックの販売できる場所を増やすことで、拡大地域はプルームテックのスターターキットやたばこカプセルを、コンビニやたばこ販売店、専門店で購入できるようになります。

 

本日から、プルームテック・スターターキットやたばこカプセルを、専門店で購入できる地域が8都市に拡大されました。

2018年6月末までに

JTがプルームテックの全国販売を「2018年6月末」までに行うと発表しています。※9月に延期になりました。

47都道府県ある中で、現在8都市までしか販売地域が拡大していません。

あと約5ヶ月で、残りの39都道府県は果たして拡大できるのかはわかりませんが、6月末までにJTがどのように動いてくるのか見ものです。

JT(日本たばこ産業)はその名の通り日本のたばこ産業です。

今後は、何かしら力を入れてくることは間違いないでしょう。

スターターキットの在庫状況は?

福岡県で、プルームテックを2016年3月に販売開始してから、2017年6月に東京都の一部地域で販売を行いました。

※この時はプルームオンラインでも購入が難しく、抽選で当たらなければスターターキットは購入できない状態です。

ここまでが約1年ちょっとかかっています。

そして、2017年10月に東京都内全域に広がり、今年2018年1月から都内のコンビニでもスターターキットの販売を開始しました。

※2017年11月より、プルームオンラインでも、スターターキットの購入が可能になり、欲しかった方の手にプルームテックがいきわたったと思います。

品薄状態が続いていた、プルームテックのスターターキットも、地域拡大を行えるくらい在庫は確保できていると言うことでしょう。

プルームオンラインを見ている限り、スターターキットの在庫は有り余っていそうなので。

今回の販売地域拡大都市はいつコンビニで販売されるのか?

今回の、販売地域拡大の6都市では、コンビニでの取り扱いはまだです。

プルームオンラインの取扱店舗を見ても、コンビニで購入可能になっているのは、東京都内が「スターターキット・たばこカプセル」福岡県では、市内のコンビニで「たばこカプセル」が購入可能になっています。

拡大した6都市では、「スターターキット・たばこカプセル」は、現在たばこ販売店と専門店(約150店舗)の取り扱いになっています。

※今回、拡大された都市でのコンビニでの取り扱いは、まだ先になりそうです。

 

 

※4月にコンビニ販売を含む、地域拡大が開始される予定です。

今後の地域拡大は?

正直どのようにJTが動いて、プルームテックを販売していくかはわからないですが、今年になってから、JTが本格的にプルームテックを全国販売に向けて動いているのは間違いないでしょう。

今年1月から東京都内のコンビニでも、スターターキットの販売開始を始めています。

そして、販売地域拡大の発表もしています。他の加熱式たばこに比べて、出遅れての急な加速か、これが狙いだったかはわかりませんが、今年になってからのJTは動きが速いです。

あと39都道府県を、6月末までに完了させるとなると、単純にひと月に最低7都道府県くらいは、増やしていかないと終わりそうもないです。

一気に、プルームテックの販売地域が増えるのか、コンスタントに増やしていくかはわからないですが、6月末でに全国販売が完了することを願っています。

加熱式たばこなら喫煙場所で吸える?

加熱式たばこがブームになっているのは、火を使わないのでタールがでない、そして人体への悪影響が低減でき、副流煙についてもタバコ葉を燃焼しないので煙も受動喫煙に関係する副流煙も発生しないと言われています。

紙巻きたばこに比べ、加熱式たばこは人体への影響は少ない。

そこで、禁煙場所などでも加熱式たばこならいいんじゃない?と思っている方がおられるかもしれませんが、「禁煙」ですので当たり前のように吸えません。

吸ってない方からすれば、加熱式たばこも紙巻きたばこも、喫煙と同じ扱いですので、マナーを守りましょう。

ただ、紙巻きたばこはダメだけど、加熱式たばこなら吸ってもいいと言う場所は現在はあります。

しかし厚生労働省は30日に、国会に提出予定の健康増進法改正案の原案を公表した。とされていますので、加熱式たばこも紙巻きたばこも完全に同じ立場になる可能性は高いです。

スポンサーリンク

まとめ

今回、プルームテックの販売地域拡大は、スターターキットの在庫も十分確保できた上で行っていると思います。

6都市の拡大、これでプルームテックの販売地域は8都市になりました。

地域が拡大されたと言っても、やはりたばこ販売店や専門店からの販売になるため、コンビニなどで手軽にたばこカプセルなどを、購入できるようになる日は、まだ先かもしれません。

全国販売に向けて、残り39都道府県を、6月末までに行うのか、行えるかは未知数ですが、JTならしっかりと全国販売を成し遂げてくれるでしょう。

今後ひと月に、何都市か拡大するようなら、2月にまた拡大都市の発表があるかもしれないです。

今回、地域拡大に選ばれた都市の方おめでとうございます。

 

 

※未成年者の喫煙は法律で禁止されています。タバコは20歳になってから。