プルームテック互換アトマイザーは使いやすい!だけど・・・

どうも、飲んべいです。

プルームテックを吸っていると、たばこカプセルを使い終わるまでに、先にカートリッジがダメになる。

プルームテックを吸われた方なら、一度は経験をしていると思います。

カートリッジ再生」することで、問題は解決しますが再生は慣れるまで、大変です。

再生が大変な方には、互換アトマイザーと言う物があります。

こちらは、純正カートリッジの代わりに、互換アトマイザーにリキッドを入れたら、プルームテックの純正バッテリーに取り付けるだけと簡単に使えます。

たばこカプセルを使いきることはもちろんのこと、リキッドの味や香りを楽しむこともできます。

非常に便利な、互換アトマイザーなんですが、リキッドの種類によっては、味や香りを十分に発揮できないこともあります。

そこで、今回アトマイザーについて説明します。

 

互換アトマイザーについて

互換アトマイザーは、多くの種類が販売されています。

メーカーによって、透明で見やすい、目盛り付きで見やすい、コイルを交換できるなど、さまざまな種類があります。

リキッドは、VAPEに使われるリキッドなどを使うことで、色々な味や香りを楽しむこともできます。

便利で使いやすい、そして純正バッテリーに取り付けるだけで簡単に吸えると言うことで、人気があります。

ただ、一点問題が。

リキッドが漏れることがあります。

私も、色々なメーカーの互換アトマイザーを使っていますが、持ち運びには向いていないです。

各メーカーの互換アトマイザーを持ち運びましたが、リキッドが漏れたり、漏れなくても吸った時に、リキッドが詰まったようにジュルっとします。

部屋で吸引する際には、非常に便利で使いやすく私も使っていますが。

外出する際には、たばこカプセル対応のVAPEの方が、リキッド漏れもなく安心して持ち運べます。

それと、リキッドが入っている状態で、互換アトマイザーを机に置いておくには立てて置いてください。

横向きのまま、長時間おいておくと、リキッドが漏れたり、吸った時にジュルっとなります。

 

こちらは、コイル交換しない互換アトマイザー。

使い捨てみたいな感じです。

 

こちらは、コイル交換が可能な互換アトマイザー。

コイルを交換することで、再度使うことができます。

 

こちらが、交換用コイルです。

 

互換アトマイザーに使うリキッドについて

互換アトマイザーに使うリキッドについては、味や香りが濃いリキッドを使うことをおすすめします。

カートリッジを再生する際にも、味が濃いリキッドを使うことをおすすめします。

便利で使いやすいと言っても、プルームテック純正バッテリーは低温加熱型になります。

そのため、味の薄いリキッドを使っても、リキッド本来の味や香りがつたわりません。

そこで、私が試したリキッドで、そこそこ味がわかるリキッドを紹介します。

・KAMIKAZE(カミカゼ)/スーパーハードメンソール

・koikoi(コイコイ)/霧流れ・三光

・SNOWFREAKS(スノーフリークス)/メガマスカット

・The Vapor Hut(ベイパーハット)/ウーキークッキー

甘いスイーツ系のリキッドは、味や香りがわかりやすいかもしれません。

ただ、味のついたリキッドには、個人差がありますので、無味無臭がいいかもしれませんね。

一番いいのは、無味無臭のリキッド「グリセリン(VG)、プロピレングリコール(PG)ミックス品」を使うことで、純正に近いたばこカプセル本来の味や香りを楽しめます。

リキッドの種類やVG/PGの比率によって、刺激をアップさせることもできますよ。

 

こちらが、無味無臭の液体VG/PGミックス品です。

おすすめは、「VG50/PG50」か「VG60/PG40」です。

VGの数字が上にいくほど煙が多くなり刺激がアップします。

※プルームテックの純正カートリッジ内に使われている液体は、PGの比率の方が大きいです。

 

たばこカプセル対応のVAPEの場合

たばこカプセル対応のVAPEを使うことで、互換アトマイザーよりも、リキッドの味や香りがわかるようになります。

VAPEが本来リキッドの味や香りを楽しめる製品になりますので、当たり前ですが。

互換アトマイザーで吸っていて、味がわかりずらかったリキッドをVAPEに注いで吸ってみると全然違いますよ。

BI-OS/グリーンアップルメンソール」や「小江戸工房/セックスオンザビーチ」などは、こちらで吸う方が味がしっかりしていました。

VAPEの場合、コイルが消耗品になりますが。

最近では、多くのたばこカプセル対応のVAPEが販売されています。

たばこカプセル対応のVAPEは、持ち運びにも向いていて、私も使っていますが今の所リキッドが漏れることはありません。

 

こちらが、Q14です。

カプセル対応のドリップチップがついていない物は、たばこカプセルをつけて吸うことができません。なので購入されるようでしたら、カプセル対応のドリップチップ付きの物を購入してください。

このVAPEは、たばこカプセルに対応しているだけあって、使っていても、さほどたばこカプセルの底が詰まることがありません。

それと、充電するためのUSBケーブルがついていません

5V-1Aまで対応だと思います。

持っていない方は100均などにいけば、購入できると思います。

 

互換アトマイザーのいい所

互換アトマイザーは、たばこカプセル対応のVAPEよりも値段が安く扱いやすいです。

たばこカプセル対応のVAPEに移行される前に、リキッドとたばこカプセルを混ぜるとこんな味になるんだ。と試すにはちょうどいいかもしれません。

また、カートリッジ再生が面倒な方は、互換アトマイザーがおすすめです。

互換アトマイザーは、簡単で使いやすいが魅力です。

持ち運びこそ向いていませんが、部屋で吸う時は、互換アトマイザーを使う。

そうすれば、純正カートリッジを使わなくなります。

使わなくなった純正カートリッジは、外出する時にだけ使う。

使い分けることにより、ワンパフをちょっと長めに吸っても、たばこカプセルがあまることもなくなります。

たばこカプセルの味がなくなるまで、使えますので節約にもつながるかもしれませんね。

 

受動喫煙法が成立

受動喫煙法が成立しましたね。

成立したことにより、2020年4月/東京五輪・パラリンピック前に全面施行するみたいです。

加熱式たばこについては、健康への影響が未解明ということで、紙巻きたばこよりは規制が緩くなっています。

飲食店については、加熱式たばこ専用の喫煙室などを設置することにより、場所によっては吸えるみたいです。

まぁ~これでも海外に比べれば、日本はまだ緩い方なんですがね。

もうすぐ連休になりますが、海外旅行に行かれる方は、紙巻きたばこや加熱式たばこを持ち込む、あるいは吸ってもいい国なのか、確認してから行くようにしてくださいね。

国によっては、紙巻きたばこや加熱式たばこを持っていたり、吸ったりすることで、逮捕や罰金を支払うこともあります。

気をつけてくださいね。

 

まとめ

互換アトマイザーは、安くて使いやすいのが魅力です。

純正カートリッジと使い分けて、たばこカプセルを使いきりましょう。

互換アトマイザーに使うリキッドは、味がしっかりしているリキッド(濃い物)を使うことで味や香りを楽しめます。

たばこカプセルの味がなくなるまで、使えるようになりますので、節約にもつながるかもしれませんよ。

それでは、また。

 

※未成年者の喫煙は法律で禁止されています。タバコは20歳になってから。

 

最新情報をチェックしよう!