【プルームテック】カプセルを節約しよう!コスパ最強はこれだ!

【プルームテック】カプセルを節約しよう!コスパ最強はこれだ!

どうも、飲んべいです。

先日はバレンタインと言うことで、チョコをもらえた男性の方、おめでとうございます。

そして、チョコを渡した女性のみなさん、どうでしたか?相手の心をつかむことできましたか?

私の隣あいてますよ(笑)

実は、私も妻ではなく、娘たちからチョコを頂いたんですが、めちゃくちゃうれしかったです。

そして、娘たちから一言「それ、義理だから」はいっ。

さて、電子タバコにたばこカプセルをつけて、節約しながら味や香りを変えて楽しんでいる私ですが、実際はどれが一番コスパがいいのか気になりました。

そこで私の持っている、たばこカプセル対応VAPE、プルームテック対応互換アトマイザーの中で、どれがコスト的に安いのか紹介します。

スポンサーリンク

たばこカプセルが余ってしまう

種類 値段 詳細
レギュラー 460円 たばこカプセル5個:カートリッジ1本
メンソール
パープル・クーラー
レッド・クーラー
ブラウン・アロマ

※2018年2月現在の値段と内容です。

♦たばこ税増税により、2018年10月からたばこカプセルが値上がりしそうです。

参考→【たばこ税】1箱30円の値上げで申請!プルームテック・たばこカプセルが490円に!

フレーバーの中には、たばこカプセル5個とカートリッジが1本が入っています。

このたばこカプセル1個は、ワンパフ(1回の吸引)が2秒となり、50パフの吸引が可能になります。

なぜパフにしたのか、わからないですが、ドラゴンボール少年時代の時から見ている私には、パフと言えば、亀仙人とブルマのパ〇パ〇と想像してしまいます。

ワンパフ(1回の吸引)が2秒ですと、喉にくる刺激が足らないので、ついつい長めに吸ってしまいますよね。

長めに吸うことで、今度はカートリッジ内のリキッドが減っていき、カプセルが余ってしまう。

そんな経験ないですか?

このままいくと、たばこカプセルが余りすぎてしまう。

そこで、カートリッジを再生したり、非正規のカートリッジを購入することで、私はたばこカプセルの余りを解消しています。

 

プルームテック対応互換アトマイザー

こちらは、プルームテック対応「互換アトマイザー」になります。

何といってもVAPEに使われるリキッドを、アトマイザーに注ぐだけと簡単にできるため、人気があります。

互換アトマイザーを使うことで、カートリッジを再生することもなくなり、リキッドを互換アトマイザーに注げば吸引できる手軽さがありますね。

そして純正カプセルとは違う、リキッドとたばこカプセルの味や香りを楽しめます。

純正プルームテックに比べると、キックは強くなりたばこカプセルのあとちょっと物足りない味をプラスすることができます。

例えば、メンソールカプセル「KAMIKAZE/スーパーハードメンソール」などを注げば、メンソール感がアップして、より爽快になります。

ただ、1つ注意することがあります。

手軽に使える互換アトマイザーですが、持ち運びには向いてなく、リキッド漏れの心配があります。

 

たばこカプセル対応電子タバコ

こちらは、たばこカプセルに対応しているVAPEになります。

カプセルに対応していないVAPEでも、ドリップチップ(吸い口)をカプセル対応の物に変えれば使えます。

※VAPEの種類によっては、たばこカプセルと相性が悪い物があります。

VAPEを使い吸引することでキックが格段に上がり、リキッドの味も堺正章さんが吸えばこう言うでしょう「☆3つ」でございます。

ただ、VAPEの種類によっては、たばこカプセルの底がドロドロしたり、熱で底が溶ける場合もありますので注意してください。

私が試したVAPEをよければ参考にしてください。

電子タバコ種類 特徴 たばこカプセル底のドロドロ
eGo AIO リキッド漏れがないので持ち運びに便利。 ★★★★☆
Vpen リキッド漏れはしない。スリム。 ★★☆☆☆
Q14 リキッド漏れはしない。 ☆☆☆☆☆

※★が多い方がドロドロになります。

たばこカプセルの底が、ドロると空気が吸えなくなってくるので、肺が痛くなってきます。

eGo AIO」は、使いやすくコイルの消耗も普通ですが、蒸気がすごくたばこカプセルの底がドロるのが早いです。

その分リキッドの味や刺激はありますが、たばこカプセルの消費が激しくなります。

 

Vpen」は、その名の通りペン型で持ち運びに最適です。

カプセルの底は、ドロドロはさほど感じなく刺激もそこそこあります。

唯一の欠点は、バッテリー容量が少なく充電切れで吸えなくなります。

※Vpenのコイルとバッテリーの締めすぎは、コイルの消耗が激しくなりますので注意してください。

 

私の持ってる、VAPEの中では「Q14」が、バッテリー容量、刺激はもちろんのこと、たばこカプセルの底はドロドロしなく一番使いやすいです。

たばこカプセルの味がなくなるまで、完全に吸い続けれます。

ただ、リキッドの種類によって、コイルの消耗が激しい時がありますので、そこだけが難点です。

※リキッド「ウーキークッキー」を注いで吸う場合、コイルの消耗が激しかったです。

 

リキッドの比率について

リキッドには、主成分「VG/PG」の比率があります。

VG/PG 詳細
VG(ベジタブルグリセリン) 植物性グリセリンで安全性が高い。VG自体に甘みのあるものが多いく、ミスト多いのが特徴。
PG(プロピレングリコール) 安全性が認められている化学薬品です。キック(刺激)はこれによって決まる。食品添加物を使った食品のほとんどに含まれている成分。

VGの比率が、低いと味がはっきりしています。比率が高いと爆煙になり、味が濃くなります。

リキッドがシャビシャビの場合/低VG。ドロドロの場合/高VG

この比率は、メーカーや国産や海外製によって、バラバラです。

 

スポンサーリンク

結局コスパ最強は?

結局コスパ最強はどれなんだ?

ここまで、長引いてしまいすいません。

私の持っている物や、私が試した方法でのBEST3を発表します。

コスパ最強ランキング【BEST3】
ランキング 方法 詳細
1 カートリッジを再生 再生する手間がかかるけど、純正カートリッジにグリセリンを注ぐだけと、コスパ最強。
2 互換アトマイザー アトマイザーが悪くなれば交換しないといけない。
3 VAPE:Q14 たばこカプセル底のドロりが少ない。コイルの消耗とリキッドを購入していかないといけない。

VAPEのコイルは消耗品になります。

コイル交換のことを考えれば、コイルの価格で互換アトマイザーを購入することができます。

だけど、やっぱり味やキックを一番感じれるのはVAPEなんですよね~。

コスパ最強は、何といっても手間暇かかるけどカートリッジ再生です。

PG/VGミックス品の無味無臭の液体を注ぐだけで、純正カートリッジにちかくなりますので。

ちょっとめんどくさいですがね。

それと互換アトマイザーも消耗品です。

使い続けることにより、悪くなれば交換になりますよ。

やはりコスパ最強は「カートリッジはもう不要!プルームテック驚きの節約方法」が一番ですね。

コストを抑え、安く済ませるNo1のカートリッジ再生法、めんどくさがらず、試してみてください。

 

ヴェポライザーって知ってます?

最近コスパがよく、味もいいと噂の加熱式なんですが、節約につながりそうです。

禁煙できない!でも節約したい!そんなあなたにヴェポライザー!コスパ最強ですよ!

まとめ

結果、やはりコスパ最強は、純正カートリッジを再生するのが、一番安く済みます。

PG/VGミックス品は容量がありますので、長い間使えます。

リキッドの味を変えながら、楽しみたい方は「アトバイザー 互換 カートリッジを買ってみた」も比較的安く済みますので、試してみてください。

たばこ税が加熱式たばこも対象になった現在は、少しでも長めに吸うことで、節約にもつながります。

それでは、また。

 

※未成年者の喫煙は法律で禁止されています。タバコは20歳になってから。

 

 

プルテク関連

参考→年内に発売か?JTから新製品の加熱式たばこが発売するよ!

参考→プルームテックの単体バッテリーがオンラインで販売開始するぞ

参考→「プルームテック」たばこカプセル対応電子タバコは結局どれがいいの?

参考→プルームテックたばこカプセルとリキッド最強の組み合わせ方はこれだ!

参考→【2018年最新】驚きのプルームテックアクセサリー特集

参考→プルームテックに移行して3ヶ月たった感想・身体の変化

参考→2018年4月にプルームテックのカプセルをコンビニで購入できる地域まとめ