プルームテックに使われているPG(プロピレングリコール)について

どうも、飲んべいです。

プルームテックの公式サイトがリニューアルをしていました。

オーナーズクラブの方なんですが、会員限定の特別アイテムやスタンプコンテンツなど、色々増えています。

そして、気になるのが7月2日に何やら、「NEW PROJECT」が開始するみたいです。

7月2日と言えば、プルームテックが全国のコンビニに並ぶ日ですね。

JTは何か企んでいるのかな?

新製品の発売ではないと思いますが、私は楽しみです。

さて、プルームテックのカートリッジに使われているリキッドには、PG(プロピレングリコール)と言う成分がはいっています。

このPGについて、ちょっと説明していきます。

広告

PG(プロピレングリコール)とは?

プルームテックのカートリッジ再生や、電子タバコに使うリキッドなどで、紹介していたと思いますが、リキッドには、PG・VGと言う比率があり、味を重視したり、爆煙にしたりと変えれます。

PG(プロピレングリコール)とは、無味無臭の液体で、毒性が低ので、食品添加物などにも使われています。

よく使われている物の中には、シャンプーや歯磨き粉、化粧品などにも使われています。このプロピレングリコールには、殺菌作用もあり防腐剤としての効果もあります。

また、プルームテックのカートリッジ内のリキッド成分にも、このPGは使われています。

毒性が低いとされている、プロピレングリコールですが、気をつけてほしいことがあります。

 

PG(プロピレングリコール)で気をつけること

まず、毒性が低く身近な物に使われている、プロピレングリコールですが、人によっては、アレルギー反応が出てしまうことがあるみたいです。

また猫飼っている方いますか?

猫の前で吸っていると、猫が貧血になる恐れがあるみたいです。

キャットフードには、PGは使われてないみたいで、ドックフードには使われているようです。

キャットフードにだけ、この成分は使われていないので、猫にはやはり悪影響なんですね、猫の前ではプルームテックやPGが使われているリキッドは吸わないようにしましょう。

プルームテックを吸ってみて、アレルギーの症状が出始めたり、猫の体調が悪くなるようでしたら、このPGが原因かもしれませんので、気をつけてください。

子供の前もペットの前でも、マナーを守り喫煙に心がけてください。大切な家族のためです。

広告

電子タバコに使われるリキッド

電子タバコに使われる、VAPEリキッドなどには、ほとんどPGが使われています。

リキッドを確認しますと、PG/VGの比率が記入されています。

国産リキッドなどはVGの比率が高い物が多いです。

猫の前では、PGの比率が低ければ、問題ない?と思われますが、それは違います。

PGが少しでも入っていれば、猫に悪影響を与えてしまうことは間違いありません。

喫煙者の私たちが、受動喫煙で騒がれていますが、猫にとっては受動喫煙以上の悪影響になりかねませんので、ペットの前でもマナーを守りましょう。

 

喫煙者が追い込まれている

私たち喫煙者にとって、受動喫煙やペットにまでマナーを守るの?と思いますが、喫煙者は喫煙者なりのマナーを守り、吸える環境があれば、そこで吸うようにしましょう。

最近になり、すごく騒がれている受動喫煙ですが、吸ってない方からすれば、やはり加熱式たばこも紙巻きたばこも同じで、いくらプルームテックが一番身体への影響がないとされていても、蒸気がでればたばこを吸っているのと思われても仕方ないことです。

喫煙エリアや喫煙ルームなどを使いマナーを守り喫煙されるようお願いします。

広告

まとめ

プルームテックも全国のコンビニに置くようになれば、購入される方が増えていくと思いますが、こう言った症状が出るかもしれませんので、お気をつけ下さい。

花粉症の私は、全然吸えていますが、人によっては、アレルギーが出て合わない方もいるみたいです。

ペットの前でも吸うには、気をつけるようにしてくださいね。

それでは、また。

 

※未成年者の喫煙は法律で禁止されています。タバコは20歳になってから。

 

最新情報をチェックしよう!