「プルームテック+」&「Ploom S」動画が公開されたと思いきや?

どうも、飲んべいです。

2019年になり、動き始めたJT。

新年早々に、新型加熱式タバコ「プルームテック+」と「Ploom S」の予告動画を公開しました。

2019年3月に発売予定となっている、JT初の高温型加熱式タバコはどのような製品なのか、本当に期待しています。

そしてプルームテック進化版はミスト量を増やし、低温なのによりパワフルな吸い応えをプラスした製品のようですね。

やっと新型の製品情報が分かるな!!っと思いきや、この動画は約20秒ほどのプロモーションムービーのような感じでした。

そして・・・。

その動画内容を説明します。

 

広告

 

低温なのにパワフルな吸い応えをプラス「プルームテック+」

プルームテック+は、プルームテックでは満足できなかった、吸い応えを改善した製品のようです。

刺激が足りなかったプルームテックから、バッテリーサイズを大きくしてペン型VAPEよりになっています。

そして青く光るLEDのパフボタンの上には、透明なリキッド残量を確認するところがあります。

まだ詳しい製品情報が分かっていませんので、私の予想になりますが、パフボタンの直ぐ上(金色のところ)から回しながら取り外す使用になっていそうです。

その中にPodアトマイザーのようなカートリッジを入れる構造になっていると思われます。

マイブルーのようなリキッド入りのPodを。

ただこのPod内のリキッドには味があるのか?それとも通常プルームテックで使用するカートリッジ内と同じ成分なのかは分かりません。

多分マイブルーのような味のある液体が入っていると予想します。たばこカプセルを装着しなくても、ニコチン・タール0で吸える。

しかしそうなると完全にペン型VAPEになってしまいますが・・・。

 

JT初の高温型加熱式タバコ「Ploom S」

こちらは、たばこ葉のうまみが味わえる製品のようです。おいしいんでしょうね。

他の高温加熱型と比較しても、味が一番おいしいと言われています。ちょっと期待していますが。

スティックを差し込み吸引するタイプだと思いますが、肝心の動画には何も刺さっていませんでした(汗)なので詳しい製品情報は分かりません。

大どんでん返しで、まさかのシャグを入れて吸引するヴェポライザーのような製品かもしれません(笑)

個人的な予想は、やはりスティック(短いめ)を差し込んで吸引するタイプだと思います。そして連続吸いは可能だと思います。

丸みを持ったデバイスなので、意外にバッテリーサイズもあり、充電には困らないと予想します。

では動画の一部を紹介します。

 

広告

 

こちらが動画の一部です

男性の手にはプルームテック、プルームテック・プラス、プルーム・エスとシチュエーションごとに切り替わっていきます。

キャンプの打ち合わせを友人?会社?の方たちと楽しみながら話している時には、プルームテックを持っています。場面は室内ですね。

次に、キャンプに行かれた際にはプルームテック・プラスを持っています。

その後、キャンプが終わったのか日が暮れて、一人たそがれながら一服している時には、プルーム・エスを持っています。

ただ、吸っていない・・・。

プルームテック・プラスのミスト量も分かりませんし、プルーム・エスにはスティックも刺さってない・・・。一番知りたかった情報が分からなかった(汗)

完全に予告動画ですね。だったらまだComing Soonでよかったのに。

 

広告

 

1月17日はサイトメンテナンス

公式サイトも1月17日にメンテナンスをするようです。

1月17日といえば、新製品の発表会が予定されている日ですよね?だとしたら何かが起こるかもしれません。

あわよくば、発売日を前倒し?なんてしてくれれば、うれしいですがね。

ただ2月にはもっと詳しい製品情報が、わかってくると思いますよ。

 

広告

 

あなたはどれを選びますか?

新たに加わる2つのタイプを合わせれば、Ploom製品は3種類になります。

低温型も高温型も選択幅は広がりますね!

アイコス、グローユーザーを狙って発売する高温型は、どれほどの人気になるのか気になります。

味もいい、充電の持ちがいい、このサイズなら持ち運びにもいい。となれば人気になりそうです。

3つのタイプを使い分ける楽しさもありますね。

発売までが待ち遠しいですが、もうすぐですね。あと2か月くらいかな?(笑)

それでは、また。

 

※未成年者の喫煙は法律で禁止されています。タバコは20歳になってから。

 

 

最新情報をチェックしよう!