【PloomTECH】身体への影響は?どんな感じか調べてみた

プルームテックは紙巻きたばこに比べて、身体への影響はあるのか?

紙巻たばこは、葉に火をつけることでニコチンを摂取しますが、プルームテックは火を使わない。

それなら発がん性ないじゃんっと気になっていました。

そこで、プルームテックはどのような構造になっているか、また健康面はどうなのか、調べましたので説明します。

プルームテックとは?

Ploom TECH (プルームテック)とは、JT(日本たばこ産業)から販売されている、次世代タバコ「低温加熱方式」の電子タバコです。

元々、Ploom(現在は生産中止)とういう商品で以前からJTにて、販売されていました。

そのPloomを新たに進化させたのが、プルームテックです。

2016年3月より福岡市内限定で販売され、最近では東京でも販売するようになりました。

プルームテックは、たばこ葉を燃やさず、高温で加熱もしないJT独自の「低温加熱方式」により、雑味のないクリアなたばこの味わいを実現しています。

プルームテック特徴

プルームテックの特徴は、公式に載っていますが私が使って見た感想が、まさにその通りです。

周りに配慮した臭いが出ないたばこ。

実際プルームテックに切り替えてから、紙巻きたばこ特有の臭いが感じれるようになりました。

車の中で吸っていた紙巻きたばこの臭いなど、気になるようになります。

アイコス・グローと違い、吸いたい時にだけ吸える使い勝手がいいです。

プルームテックの構造は?

こちらはプルームテック公式ページに載っています。

まずプルームテックを吸うためには、スターターキットを購入しなくてはなりません。

スターターキットの中身はこのようになっています。(たばこカプセル、カートリッジは別売り)

バッテリーをUSBチャージャーで充電して、たばこカプセル(フレーバー)をカードリッジにつけ、充電したバッテリーで吸うと言う仕組みです。

構造は?

プルームテックの構造はこのようになっています。

バッテリーにカートリッジを付け、先端にたばこカプセルを付けて吸います。

たばこカプセル・カートリッジ(フレーバー)はこちらを購入します。

たばこカプセルの中身です。このように小さくまとまった、たばこの葉が入っています。

値段は?

・スターターキット【4000円】

・フレーバー    【460円】

スターターキットは今は入手困難な状態が続いている。フレーバーはプルームテックオンラインから購入ができます。

また福岡、東京の一部のコンビニなどでも、フレーバーは購入できます。

新フレーバーも11月上旬に発売します。

参考→新フレバーはなに味?

参考→レッドクラーがサンプルで届いた

健康面について

紙巻きたばことの違いや、プルームテックの健康面について説明していきます。

たばこにあるタールとニコチンについて説明します。

タール

タールは、有機物質が熱分解されることによって発生する黒褐色の油状液体です。

フィルターや歯が茶色く変色する、主にニコチンを肺まで行き届かせる役割を担っています。

いわゆるヤニと言った方がわかりやすいと思いますが、ヤニには多くの発がん性物質が含まれます。

ニコチン

ニコチンは、アルカロイドの一種で、揮発性のある無色の液体です。

依存性薬物で、身近な割りに毒性は非常に強く、タバコ2本~3本程度に含まれるニコチンにより人間にとっては致死量となります。

ニコチンを摂取することで、強い「依存性」になる。

プルームテックはどうなの?

プルームテックは、まず燃やしたり、火を使わないのでタールはありません。

タールがでないので、タールでの発がん性はありません。

ニコチンは含まれます。

ニコチンの量は公式では発表がありません。

しかし噂だと、「0.05㎎」と噂があります。

アイコス・グローと比べても、明らかにプルームテックだけニコチンの量は少ないと思います。

ティッシュに吹きかけてみると、プルームテックだけ黄色く変色しなかったです。

ただ、プルームテックも少しでもニコチンが入っていますので、依存性はあると思います。

肺はどうなの?

たばこもプルームテックも肺にいれるため、肺機能については、何とも言えないです。

たばこはタールニコチンを摂取するに、肺までいきます。

なので肺の機能は、低下すると言われています。

プルームテックはニコチンだけ摂取しますが、正直蒸気は肺にいいのか?

わかりません。

プルームテックみたいな電子タバコは最近始まったばかり、たばこよりも経験が浅いです。

そのため今の現状はどうなるかは未知数です。

結局紙巻きたばこと比べてどうなの?

たばこと比べてタールがないため、発がん性の心配はなくなります。

ニコチンについては両方摂取しているため、依存性はありますが、明らかにプルームテックの方が依存性は少ないです。

周りの副流煙についてもその差は圧倒的に、プルームテックの方が心配なくなります。

ただ、経験が浅いプルームテックが、今後どのようになるかは未知数です。

プルームテックに切り替えて

私がたばこから、プルームテックに切り替えてから変わったことを説明します。

参考までに聞いてください。

その①:物貰いがなくなった。

その②:食欲がわくようになった。

その③:息切れがなくなった。

その④:たばこにくらべて本数が減った。

その⑤:ヤニのベタベタ感がなくなった。

その⑥:髪が元気になった。

その⑦:肌の調子がよくなった。

このように私はたばこを吸っている時と比べて変わりました。

まず、たばこの煙が目に入り、物貰いになってましたが、なくなりました。そして、禁煙した時みたいに食欲がわきます。味の違いがわかるようになっていきました。

階段を上っても息切れがなくなり、体が軽くなった感じです。

ヤニのベタベタ感がなくなり、歯や壁などに付くヤニがなくなりました。なぜが肌の調子がよくなり、髪の毛が元気になった感じがします。

たばこに比べて圧倒的に本数が減り、節約にもなります。

吸いたい時だけ吸えるのがいいですね。

一番思うのが、たばこの臭いです。たばこを吸ってる時は、よく臭いと言われましたが、プルームテックに切り替えてから、私自身臭いに敏感になりました。結構迷惑かかってたんだなっと始めて気がつきました。

 

最後に

プルームテックは今現在、スターターキットは入手困難になっています。

そのうちアイコス・グローみたいにコンビニなどでも出回ると思います。

私はプルームテックが今後、どのような影響がでるかわからないですが、紙巻きたばこから切り替えて良かったです。

あくまでも参考までにして下さい。

※未成年者の喫煙は法律で禁じられています。タバコは20歳になってから。

 

プルテク関連
最新情報をチェックしよう!