PS4を購入しようか迷っているならこれを読め!

こんにちは、飲んべいです。

今年も残すとこ、あと20日をきりました。

最近、一年過ぎるのがほんと早い、年が明ければまたおっさんの仲間入りの第一歩。

こんな感じで、歳をとっていくのかなっと思う今日この頃です。

さて、今回はPS4(PlayStation4)を紹介します。

今更PS4と思うかもしれませんが、今だからこそです。

それはなぜ?

発売当初にくらべて薄い。いえ、私の髪ではなく本体がね(笑)値段が安くなっている、その上ゲームの種類が多くなった。

そして、私自身が欲しくなった、ただそれだけです。

 

PS4(PlayStation4)

PS4とは?

2013年にソニー・インタラクティブエンタテインメント (SIE)から発売されたゲーム機。

PS4(PlayStation4)は、全世界で累計7800万台(2017年度中)を売り上げる家庭用ゲーム機です。

現在もPS4の売り上げ台数は伸びています。

歴代で最も売れたゲーム機、PS2の計出荷台数1億5500万台の半数に到達する、まさにGAME業界のビックモンスター。

そして、2016年には、PS4(Pro)はなんと4K出力対応のゲーム機になっています。

PS4の種類

PS4「Slim」

PS4「Pro」

この2種類です。

PS4「Slim」と「Pro」では値段が違いますので間違えないでください。

この2種類、一見同じに見えますが、なぜ「Pro」の方が高いのか気になりますよね?

そこで、次は性能について説明します。

PS4[Slim・Pro」比較

PS4「Slim」

HDD容量/価格

・500GB:29,980円+税

・1TB:34,980円+税

解像度(グラフィック性能)

・1920×1080(フルHD)

寸法/重量/消費電力

・約265×39×288mm/2.1kg/165W

Wi-fi

・2.4GHz/5GHz

HDR対応

・ソフトウェアアップデートで対応

AV出力

・HDMI出力端子

PS4「Pro」

HDD容量/価格

・1TB:44,980円+税

解像度(グラフィック性能)

・3840×2160(4K

寸法/重量/消費電力

・約295×55×327mm/5.5kg/310W

Wi-fi

・2.4GHz/5GHz

HDR対応

・対応済み

AV出力

・HDMI出力端子(4K / HDR出力対応)

・光デジタル出力端子


比較するとこんな感じです。

現在は、発売当初に比べ本体価格は安くなっています。

PS4「Pro」は4K対応のモデルになっていますので、4K対応のテレビが無ければ意味がないですが、対応できれば今まで以上に高画質でゲームがプレーできます。

また、発売当初のPS4に比べ、「Slim」「Pro」ともに、Wi-fi環境においてもストレス無くプレーできるようになりました。

この2種類の大きな違いは、普通に「Slim」でも高画質でプレーができるので、値段を取るか、更に高画質を取るかの違いです。

PS4人気ソフト

ドラゴンクエストXI・過ぎ去りし時を求めて

ファイナルファンタジーXII ・ザ ゾディアック エイジ

モンスターハンター:ワールド

バイオハザード7

龍が如く 極2

地球防衛軍5

PS4・ゲーム周辺機器

PS VR

こちらは、PSVR専用のソフトに対応します。

ゲーム内の空間で、プレイヤーの360度全方向を取り囲む、迫力のある3D空間が出現します。

独自の3Dオーディオ技術との連動によって生まれる圧倒的な臨場感により、ゲームの世界に本当に入り込んでいるかのような体験をもたらします。

※PSVRには「PlayStation Camera」が付属してるか、してないかで値段が違います。

PSVRとは?

正式名称は「PlayStation VR」で、ソニー・インタラクティブエンタテインメント (SIE) が発売した世界初となるPS4(PlayStation4)用のバーチャルリアリティ(VR)システムのことです。

PlayStation Camera

PSVRを遊ぶためには「PlayStation Camera」が必須です。
なぜ必須なのか?

出典PSVR公式サイト:よくあるご質問

このように、このカメラを自分に向けて設置することにより、一定の範囲内がプレイエリアとなります。
また、PSVRに内蔵されている加速度センサーとジャイロセンサーに加えて、このカメラによってヘッドトラッキングすることでより正確にプレイヤーの頭部の動作を読み取ることができます。

このカメラがあれば、動きが正確に伝わると言うことです。

まとめ

何度も言いますが、PS4は発売当初に比べ、本体価格が安くなっています。

また、最近ではPS4のソフトも豊富になってきました。

ドラクエやモンハンといった3DS・PSPなどでしか出さなかったゲームもPS4のソフトで出すようになってきています。

やはり、PS4の売り上げがそれだけすごいと言うことでしょう。

ゲームを楽しむだけなら「Slim」で十分ですし、4K対応のテレビがあれば「Pro」でもいいですね。

 

最新情報をチェックしよう!

ゲームの最新記事4件