【Simplicity2】500エラーバックアップなしの解決方法

先日いつものようにワードプレスで記事を更新していて、更新終えてからちょっとサイトの速度を上げようと思い【Page Speed Insights】を使いました。

いつものようにこれがでてきたので、そろそろインライン化しようと思っていじった瞬間500エラー頭も画面も真っ白に・・・しかも最近バックアップしていなかった・・・
そこでそんな時、バックアップなしで解決したので同じようになった方は参考にしてください。

500エラーを解決していこう

500エラーの原因は?

私の場合ワードプレスのテーマはSimplicity2を使っています。
もちろん子テーマをダウンロードしていますので、そちらをメインに使ってます。

そこで子テーマだからと簡単に考えていたのがそもそもの間違いだったのです。
こちらが参考サイトです
スクリプトのレンダリングブロックを解消する

信頼しきっている参考サイトに書いてあったのでそちらをコピーして【functions.php】にコピーして保存。

その瞬間500エラーえぇっ

参考サイトは全然悪くなく、ただ私が貼る場所を間違えたあるいはスペースがあったかわからないですが、すぐに直さないといけないと思いました。

ちなみに500えらーの原因は
・私みたいにコード間違え
・プラグインによるもの
・CGIプログラムの設定に誤りがある
・サーバに負荷がかかりすぎている
・メモリ容量オーバーなどがあるみたいです。

私の場合はあからさまにfunctions.phpをいじってからなのでわかりやすいです。

ここからが本題に入ります。

バックアップまで戻さなくても解決できるの?

私の場合サーバーはこの時まだロリポップを使っていますのでロリポップでの解決方法です。

まずバックアップしたのが一か月前でした、そこまで戻すとなると設定や記事など完全になくなります。

さいやくバックアップした時に戻さなくてはいけないかなっと思いましたが、ロリポップ側を設定したら直りました。その手順を今から紹介していきます。

500エラーをバックアップなしで解決する方法

ロリポップ!

「ロリポップログイン」→「ロリポップFTP」→「wp-content」

themes」→「使っているテーマ」→「functions.php」

先ほど貼りつけたコードを削除してから「保存」

これで500エラーは解消されてもと通りになっています。

私の場合はfunctions.phpを触ってからなのであからさまにわかりましたし、なんとか解決できました。

最後に

バックアップを忘れないためにも必ず取っておくことをおすすめします。

参考までに

https://naku55.com/lolipop-backup

今回はバックアップした時に戻さずできてホッとしています。しかし何があるかわからないのでバックアップは忘れずに!

レンタルサーバーがエックスサーバーなら自動バックアップがついてるので安心ですね。



参考までに

https://naku55.com/wordpress-xserver-comfortable

最新情報をチェックしよう!