【合法】大麻と似た効果のある代用品6選!おすすめはCBD?

大麻(マリファナ)は違法薬物のため使用できませんが、最近では大麻と似た効果や成分を持つ『大麻の代用品』に注目が集まっています。

大麻の代用品は合法なのはもちろん、人の健康に悪影響がなく安全性が高いことから、リラックスや気分転換などの薬草として使う人が増えています。

ここでは、そんな大麻と似た効果のある代用品として実感できるおすすめの6種類ピックアップしました。大麻を疑似体験したい、タバコやお酒以外でリラックス効果を得たい方は必見です!

目次

大麻の代用品おすすめ6選!

大麻(マリファナ)は日本国内で使用すると違法となるため、合法で大麻の代わりになるおすすめの代用品を6つ紹介していきます。

CBD

CBDはカンナビジオールの略語で、大麻草には安全で依存性がない100を超える植物性カンナビノイドの1つです。

CBDは医薬品とは異なるものの、大麻を使用したときのように依存性がなく、酔ったような感覚や記憶をなくすようなことはありません。

気分、元気の度合い、胆力、免疫活性、血圧、骨密度、グルコース代謝、そして痛み、ストレス、空腹感の感じ方などに緩やかな影響を与えて、少量ならリラックス効果も発揮します(参照:CBDが大ブーム Yahooニュースより)。

CBDは大麻の代用品として現実的なモノですね。

ホワイトセージ

ホワイトセージは、かつてはネイティブアメリカンが喫煙またはお茶にするなどして摂取していたもので、大麻のような気分のリフレッシュ効果が期待できます。

喫煙する場合はミントのような清涼感と気分をスッキリ切り替えるような感覚があります。タバコのように臭いがないため、職場の休憩時間にも利用しやすいですね。

ただ、安全性については正式に確認されてはいないので、使用する際には自己責任となります。

カンナ

カンナは正式名称をSceletium tortuosumといい、南アフリカで見られる多肉植物の仲間です。

カンナに含まれるアルカロイド各種には、セロトニンの再取り込みを阻害する作用があるとされ、陶酔感や瞑想的な静けさを感じやすくなると言われています。

大麻のような精神の安定やストレス軽減にも効果が期待でき、日本では合法でハーブの一種として扱われています。

ライオンズテール

ライオンズテールは、かつてアフリカや中国の一部の民族などで喫煙されてきた歴史があり、大麻のような多幸感や酩酊感、リラックス効果などが期待できるものです(人によってはキマる感覚がある)。

効果としては大麻草に近いものがあるものの、海外・国内での扱いは合法でハーブの一種として扱われています。

ただ、Amazonでは医薬品&麻薬道具という項目で販売が禁止されているため、過剰な効果を期待した使い方は避ける方が良いでしすね。

ブルーロータス

ブルーロータスは、タバコのように喫煙したり、お茶にしたり、ワインに浸すなどの方法で取り入れると大麻草のような多幸感や陶酔感を得られるハーブです。

海外・国内でも合法であり、ハーブの一種として扱われています。実際に喫煙してみると、ハイになるというわけではないものの、かなりのリラックス効果を感じられます。

ただ、安全性は正式にははっきりわからないため、使用は自己責任で行いましょう。

パッションフラワー

パッションフラワーはチャボトケイソウともいい、喫煙やお茶で摂取することでゆるやかな多幸感を得られるという一説があります。

実際に喫煙してみると、多幸感というよりは二度寝する前のあの気持ち良い感じ、ふわっとした眠気を感じるものの20~30分程度で現実に戻ります。

リラックス効果が多少あるものの、効果が持続しないことや味は保証できないものがあり、自己責任での利用となります。

以上、大麻と似た効果を持つ代用品を6つ紹介しました。CBD以外のハーブ素材は安全性に疑問が残るのものもあるため、詳しくは「厚生労働省 eJIM」をご覧ください。

大麻の代用品は嘘?マリフアニヤ(ヤクモソウ、益母草)はイマイチ

大麻の代用品として人気があるのは益母草(ヤクモソウ)やニガヨモギが挙げられますが、実際には大麻と似たような効果は得られません。

喫煙やお茶での摂取では苦味があり摂取が難しいのもデメリットでしょう。

マリフアニヤ(ヤクモソウ、益母草)

マリフアニヤ(ヤクモソウ、益母草)をタバコにして喫煙してみると、草の臭いが強くて苦いし効果らしいものは特に感じませんでした。

大麻草の代用品として検索結果にヒットするのは、マリファナニヤなどというネーミングが原因なのかもしれませんね。

ニガヨモギ

ニガヨモギは苦いヨモギのようなイメージがありますが、ツジョンと言う成分が含まれていてこれが向精神作用や幻覚を引き起こすと言われています。

かつては芸術家が虜になった逸話などもありましたが、実際に喫煙してみるとなんの効果なし、ニガヨモギとマリファナの関係はどこから出てきたのかはわかりません。

アブサンというヨーロッパを中心につくられているニガヨモギ入りのお酒にしても、効果は認められませんでした。

大麻の代用品、1番キマるのは…

大麻の代用品として最も安全に手に入れやすく効果を感じる(キマる)のは、大麻成分のCBDが1番だといえます。

CBD製品はいろいろあり、リキッドやオイル、ワックスやクリームなど、喫煙のみならず食事に少量垂らすなどの方法でも取り入れることができます。

中でもCBDリキッドなら、大麻と同じ吸引という形で摂取できるので、雰囲気も満喫できることでしょう。

CBDは他の代用品に比べて、リラックス効果などを実感しやすく大麻と似た効果が得ることができます。

まとめ

大麻は日本のみならず海外でも違法としている国が数多くあります。その向精神効果や多幸感などが欲しいためにさまざまな代用品を試してみたところ、本当に有効なのはCBDのみ、そう言っても良いほどの結果となりましたね。

CBDは大麻草の一部の成分ではあるものの、日本でも安全性が認められているもので、一時的なリラックス効果を体感しやすいものです。

また、依存性がなく少量から使用できるのも魅力ですね。もしも、今、大麻の代用品をお探しなら、CBD製品の中でも濃度の低いものから試してみることをおすすめします。

通販はもちろん、ドン・キホーテなどでも簡単に入手できるので、興味のある方はさっそくさまざまな製品をチェックしてみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる