【加熱式たばこ】増税後の価格をまとめました!値上げ幅は「30円~40円」

どうも、飲んべいです。

あとちょっとで、9月も終わりますね。

2018年10月1日からは、たばこが値上がります。

今回の値上げは、加熱式たばこも対象になっています。

加熱式たばこの中で、最初に値上げに踏み切った「アイコスのヒートスティック」は40円の値上げに。

そして、プルームテックのたばこカプセル、グローのネオスティックやneo(ネオ)も値上げすると発表がありました。

そこで、値上げ後の価格をまとめます。

10月1日からのヒートスティック(アイコス)の価格

・レギュラー
・メンソール
・ミント
・バランスド・レギュラー
・スムース・レギュラー
・パープル・メンソール
・イエロー・メンソール
・ブレンド05
・ブレンド26

※2018年8月時点で、全9種類。

現在、ヒートスティックは1箱460円(20本入)で販売しています。

ヒートスティックは、40円値上げです。

その結果、10月1日からは、1箱「500円」(20本入)で販売するようになります。

なんだかんだで、1箱500円の時代に突入しましたね。

思った以上にはやいですね、1箱500円になるのが。

10月1日からのたばこカプセル(プルームテック)の価格

・メビウス・レギュラー・フォー・プルームテック
・メビウス・クーラー・グリーン・フォー・プルームテック
・メビウス・クーラー・パープル・フォー・プルームテック
・メビウス・ブラウン・アロマ・フォー・プルーム・テック
・メビウス・レッド・クーラー・フォー・プルーム・テック
・メビウス・ミックス・グリーン・クーラー・フォー・プルームテック

※2018年9月時点で、全6種類。

現在、たばこカプセル(プルームテック)は、1箱460円(カートリッジ1本、カプセル5個入)で販売しています。

たばこカプセルは、1箱30円の値上げになります。

その結果、10月1日から1箱「490円」(カートリッジ1本、カプセル5個入)で販売するようになります。

アイコス(ヒートスティック)が40円の値上げに対し、たばこカプセルは30円の値上げと10円安く設定されています。

まぁ~JTは後だしでしたから、ちょっとは安く設定したかったのかもしれませんね。

10月1日からの「グロー」ネオスティック、nao(ネオ)の価格

ネオスティック

・リッチ・タバコ
・ブライト・タバコ
・シトラス・フレッシュ
・スパーク・フレッシュ
・スムース・フレッシュ
・ダーク・フレッシュ
・インテンスリー・フレッシュ
・フレッシュ・ミックス
・ミント・ブースト
・ベリー・ブースト
・クール・ブースト・ミント(KOOL)←「450円」

neo(ネオ)

・ダーク・プラス・スティック
・ダーク・フレッシュ・プラス・スティック
・フレッシュ・プラス・スティック
・ロースト・プラス・スティック
・ブースト・ミント・プラス・スティック
・ブースト・ベリー・プレス・スティック

あらためてみると、フレーバーの種類は、グローが一番おおいですね。

現在、ネオスティック(グロー)が1箱420円(20本入)、neo(グロー)が1箱450円(20本入)で販売しています。

各、フレーバーは、1箱40円の値上げになります。

その結果、10月1日から、1箱「460円(ネオスティック)」、1箱「490円(neo)」で販売するようになります。

ネオスティックは、加熱式たばこの中でも一番価格が低かったので、40円値上げをしても、現在販売している、ヒートスティックやたばこカプセルと同じ価格で購入することができますね。

一番安いフレーバーということで、たばこ税増税をきっかけに、グローに移行される方もあらわれそうです。

最後まで、価格について検討していたグローでしたが、やはり値上げをするといった結果になってしまいました。

これで、大手3社の加熱式たばこも全て値上げが決定しています。

加熱式たばこの値上げ価格(まとめ)

♦価格(2018年9月30日まで、増税前) 

・ヒートスティック(アイコス) 460円
・たばこカプセル(プルームテック) 460円
・ネオスティック(グロー) 420円
・neo(グロー) 450円

♦価格(2018年10月1日から、増税後)

・ヒートスティック(アイコス) 500円
・たばこカプセル(プルームテック) 490円
・ネオスティック(グロー) 460円
・neo(グロー) 490円

加熱式たばこは「30円~40円」の値上げ幅になり、1箱の価格が「460円〜500円」と、価格が変わっていきます。

そのため、この値上げをきっかけに、他のデバイスに移行される方も少なからずいるのかと。

そして、値上げをきっかけに禁煙される方も(汗)

禁煙することはいいことですが、禁煙される方が増えることにより、われわれ喫煙者の負担がおおくなっていきます。

でも、禁煙できるようであれば、禁煙することが一番いいですね。

この先、加熱式たばこも紙巻きたばこもどのくらいまで、値上げしていくのか気になりますが、増税は避けられませんので、禁煙するか、禁煙できない方もたばこ代を節約していくしかないですね。

それでは、また。

 

※未成年者の喫煙は法律で禁止されています。タバコは20歳になってから。

 

 

最新情報をチェックしよう!