圧倒的なデザイン性「TT スマートタッチ」をレビュー!タッチ操作で簡単に【アイコス互換機】

どうも、飲んべいです。

加熱式たばこの中でトップシェアを誇るアイコス。

加熱式たばこという名を日本に広めたのは、間違いなくアイコスでしょう。

そんなトップシェアを誇るアイコスだからこそかもしれませんが、互換機がたくさんあります。

確かにアイコスは純正よりも互換機を使った方が、色々と便利だし使いやすいですよね。

そこで、アイコスの互換機を1つ紹介したいと思います。

互換機の名前は「AVBAD/TT スマートタッチ」。

はじめにいいます、この互換機めっちゃオシャれですよ。

では、さっそく紹介しますね。

この製品はvapefresh様より、ご提供いただきました。ありがとうございます。

【AVBAD】TT スマートタッチ

AVBAD」というメーカーは、中国深セン市に拠点を置いているみたいです。中国深セン市といえば、電子タバコの生産基地、大・小企業がズラリと並び世界の生産数の九割ぐらいを占めているといわれています。

そんな「AVBAD」から登場した「TT(スマートタッチ)」は、数あるアイコス互換機の中でめっちゃオシャれな互換機ですよ!

付属品

・TT スマートタッチ本体

・充電用USBケーブル

・クリーニングスティック

・品質チェックカード

・ユーザーマニュアル(日本語、英語、中国語、韓国語の表記アリ)

 

ユーザーマニュアル(説明書)は、日本語で書かれているのでわかりやすいですよ!

 

 

TT スマートタッチ/スペックや特徴

サイズ 47x100x18mm
バッテリー容量 1200mAh
重量 68g
吸引時間 約4分
温度調整 3段階
お知らせ バイブ機能あり
本数 約17本(フル充電で)
抵抗 0.75Ω
クリーニング機能 自動

温度調整は「低温、中温、高温」の3段階の切り替えが可能。

温度の調整や使用環境で、吸引時間や吸引回数は変わってきます。

温度調整は、互換機では当たり前のようについていますね。

TT スマートタッチもスペック的には、アイコスやアイコス互換機に比べてもさほど変わらないです。

また自動で掃除してくれる、クリーニング機能もついていますよ!

TT スマートタッチの特徴は名前の通り「タッチ操作」が売りみたいです。

そして、TT スマートタッチ「安心の90日間」保証がついています。

保証があれば、安心ですね!

私もうすでに、ウズウズしていますので開封していきます。

 

洗練されたデザイン【TT スマートタッチ】

デザインは「ブラック・シルバー」の2種類!

デザインの確認はこちら

 

キャップには、Oリングが付いていて、本体とキャップの取り外しが可能です。

そのキャップがこちら。

キャップは、このようになっています。

このキャップはプラスチック製なので、たぶん洗うことも可能だと思います。

 

中央に棒が立っていますが、この棒が加熱の役割を果たします。

アイコスは、ブレードタイプですがTT スマートタッチはニードルタイプになっています。

ニードルタイプのメリットは、スティックが刺しやすく、汚れにくいです。

【TT スマートタッチ】操作説明(使い方)

操作について、TT スマートタッチをはじめて使われる方は、戸惑うかもしれませんが、慣れれば簡単です。

TT スマートタッチの電源の入れ方は、まさに次世代という名にふさわしいですよ。

♦操作説明

①スタートボタンからクリーニングボタンまでを指先などでなぞって電源を入れる(電源が入ったことをバイブでお知らせ)

②パワーチェンジボタンをクリックして温度を調整(3段階)

③キャップの中に、スティックを差し込む(止まるところまで)

④スタートボタンを3回クリック→振動(バイブ)でおしらせ→加熱開始

⑤約12~13秒後に振動(バイブ)でお知らせ→吸引開始(約3分)

⑥振動(バイブ)とともにパワーチェンジボタン点灯(約1分ほど吸引可能)→その後消灯(喫煙終了)

⑦スティックを回しながら上に抜く

⑧自動クリーニングは電源ONでクリーニングボタンを3回クリック。

 

電源ON/OFFは指先でスライド

電源の入れ方は、指先などで最上部「スタートボタン」から「クリーニングボタン」までをなぞります。

逆に電源OFFは「クリーニングボタン」から「スタートボタン」までなぞる。

電源が入ればバイブでお知らせしてくれます。

コツは、しっかりと「スタートボタン」から「クリーニングボタン」までをなぞることです。

 

温度調整はチェンジボタンで

温度調整は、電源をONにしてから「パワーチェンジボタン」をクリックして調整します。

♦設定温度(①②③のボタンの点灯でお知らせ)

・①→低温モード

・①②→中温モード

・①②③→高温モード

パワーチェンジボタンに軽くふれれば温度が切り替わっていきますよ。

 

加熱スタートは、スタートボタンを「3クリック」

お好みの温度が調整できたら「スタートボタン(青)」を3クリック

クリック後、振動(バイブ)でお知らせしてから加熱開始になります。

体感的には、スタートボタンをクリックしてから、約12〜13秒で吸引開始になりました。

♦吸引時間は?

吸引時間は、約3分ほど。

その後、「パワーチェンジボタン(緑)」が点灯します。

緑のランプ点灯は、アイコスと同じように、あとちょっと吸えますよ!と伝えていると思ってください。

アイコスの場合はラスト2吸いですが、TTスマートタッチは、なぜか「パワー チェンジボタン(緑)」が点灯してから、5吸いほどできました。

TT スマートタッチは、吸引時間が約4分というのは、加熱開始からパワーチェンジボタンが点灯して、消灯するまでのことをいっているのかもしれません。タイマーで計ってみたらだいたい約4分くらいになりましたよ。

 

吸い終わり

吸い終わりは、スティックを回しながら上に抜いてもキレイに取れました。

キャップを上に引いて取り外してもいいですが、熱を持ってますので注意して下さい。

もし、スティックの中身だけ、キャップに残るようでしたら冷めてからキャップを取り外して下さい。

アイコスの場合は、スティックが折れると面倒ですが、TT スマートタッチはキャップがありますので、スティックが折れてもキャップを取り外すだけで済みますよ。

 

ニードルタイプなので、中心から加熱するよになります。

吸い終わった後のスティックは、やはり中心が焦げていますね。

スティックの中心から外側までキレイに熱が伝わっています。

 

バッテリー残量の見方

バッテリー残量は、スタートボタンと①②③の数字でお知らせをしてくれます。

また、充電に関しては付属の充電用USBケーブルをPCなどに差し込んで充電してください。

ACアダプターは5V1A以下をお使いください。

 

TT スマートタッチを使った感想

操作の感想

はじめはちょっと戸惑いましたが、すぐに慣れました。

電源ON/OFFは、スマホを操作する感覚です。

コツは、しっかり「スタートボタン」から「クリーニングボタン」までをなぞることです。

TT スマートタッチは、他の互換機と比べるとガラケーからスマホに移行したような感覚です。

 

スティックを吸った感想

私は、低温モードか中温モード、どちらかといえば低温モードが1番良かったかな。

低温モードは、アイコスで吸っているような感じでしたね。

高温モードは、すごかった…

私は、市販の紙巻きたばこ(1ミリ)でしたから、高温モードはキックなどが強く、設定温度でこうも変わるのかと。

なので、高温モードは好みに分かれると思いますよ!

 

吸引時間など

スタートボタン(青)を3クリック後の加熱開始から、パワーチェンジボタン(緑)が点灯して消灯するまで、だいたい4分くらいはあると思います。

パワーチェンジボタン(緑)が点灯してから、意外に吸えたのには驚きました。

吸引回数は、満充電(低温モード)で約16〜17回使用可能でしたので、ほぼスペック通りかと。

スティック1本の吸引回数は約13~16回ほどでした。

また、中温モード、高温モードのみで使用している場合は、吸引回数が少なるなると思いますが。

 

TT スマートタッチ/まとめ

他の互換機と同じように、温度調整や連続吸いも可能です。

TT スマートタッチはデザイン性がすぐれており、美しいです。

どちらかといえば、私はシルバーよりブラック派かな?

この互換機は、オシャれなデザインで意外なフィット感がありますよ。

それでは、また。

 

※未成年者の喫煙は法律で禁止されています。タバコは20歳になってから。

 

洗練されたデザイン「TT スマートタッチ」

・アイコス互換機の中では、圧倒的なデザイン性。

・キャップや自動クリーニング機能でアイコスでは面倒だったクリーニングが楽に。

温度調整、連続吸いが可能なTT スマートタッチ。

購入先はこちら

最新情報をチェックしよう!