安価で使えるRDA【Vapefly】Galaxies MTL RDAをレビュー!

どうも、飲んべいです。

ハァっ!マジで忙しいです。なんて日だ!と朝から叫びたくなる今日この頃です。

新型IQOS3も落ち着いてきたみたいで、最近では公式オンラインで普通に販売していますね。

加熱式市場も盛り上がっていますし、プルームテック・プラスやプルーム・エスの発売も控えています。

この先どうなることやらぁ~加熱式市場は。

さて、VAPEにハマった私は新しいアトマイザーを購入することにしました。

購入しようと心に決めたアトマイザーは、【Vapefly】Galaxies MTL RDAになります。

MTLに特化したRDAって珍しくないですか?(笑)

しかも安価ですよ。このアトマイザー!

すでにGalaxies MTL RDAが届いていますので紹介していきます。

MTLに特化したRDA【Vapefly】Galaxies MTL RDA

こちらが今回購入したMTLに特化したGalaxies RDAになります。

このRDA、見た目がカッコいいので気に入っています。カラーはブラックになります。

人気のアトマイザーで、メーカーのVapeflyが日本で有名になったのはGalaxiesシリーズが好評で有名になったと聞きますよ。

ちなみにMTLとは、たばこに近い吸い方ができると思ってください。

付属品


・Vapefly Galaxies MTL RDA 本体
・T型スクリュードライバー
・BFピンアダプタ
・スペアパーツ(イモネジ、Oリング一式)
・クリーニングクロス
・Ni80 26G プリメイドコイル
・Ni80 クラプトンコイル
・取扱説明書

スペック

直径 22mm
高さ 32.4mm(スレッド含む)
スレッド 510
ドリップチップ 510
素材 ステンレス
エアフロー サイドエアフロー
コイル シングル
BF対応

Galaxies MTL RDAの詳細

スリーブにはGalaxiesの刻印が刻まれています。

本体を分解するとこのようなパーツに分かれます。

さすがドリッパー、パーツが少ないですね!

こちらが分解した本体裏です。

Galaxies MTL RDAはBFピンにも対応していますので、交換すればスコンカーでも使用可能です。

スリーブ裏には切り欠きがありエアフローを調整する際に空回り防止になるようです。

ドリップチップは510規格のものなら交換できます。

デッキの側面には溝があり、この溝で空気の供給が変わる仕組みになっています。

また溝にホールがありますが、回してイモネジを調整することでこちらでも空気の調整が可能です。

ビルドしてみます

付属のコイルでビルドしました。

デッキには、コイルジグがハマる溝がありますので位置は簡単にだせます。

コイルジグを溝にハメて、コイルを合わせるとこんな感じになります。

コイルの両端をニッパーでパチっと切ってください。

テクニカルMODやオームメーターにデッキを取り付けてコイルに熱をくわえます。

コイルが均等に温められていれば、ちょっと冷まして、コットンをコイルに通してください。

吸ってみます

さすがMTLに特化したRDAだけあって、ドローが重くいい感じです。

しかも私が思っている以上に、濃厚な味を楽しむことができました。

トップキャップのエアフローを調整するだけで満足します。

この価格で期待以上のアトマイザーですね。

マジでGalaxies MTL RDAに、ニコリキを注いで吸ってみたいです。

ニコリキはやく届いてくれないかなぁ~!!

あみんの歌のように、ニコリキ待っています。

まとめ

安価なアトマイザーでありながら、期待以上の味やドローを楽しませてくれました。

Galaxies MTL RDAをもっとはやく知っておけば(笑)私が遅いだけですが。

Galaxies MTL RDAが思った以上によかったので、他のGalaxiesシリーズを試してみたくなりました。

それでは、また。

 

最新情報をチェックしよう!