たばこ代を節約/コストをおさえるには「ヴェポライザーやシャグ」が救世主になるかもしれない!

どうも、飲んべいです。

たばこ税増税により、2018年10月から値上げをします。

紙巻きたばこは銘柄により、10円~100円値上げ。

加熱式たばこは、アイコス(ヒートスティック)が40円の値上げ、プルームテック(たばこカプセル)が30円の値上げするよう発表がありました。

値上げは避けては通れない道ですが、いきなりここまで値上げをするとはビックリしています。

30円や40円ひと月のたばこ代が、1箱購入するたびに加算されていきます。

そこで、紙巻きたばこを吸ってる方、加熱式たばこを吸われている方は、VAPEやヴェポライザーを使ってちょっと節約していくことで、ひと月のたばこ代が安くなりますよ。

 

安くなる理由は?

プルームテックは、カートリッジを復活させることで、多少は長めに吸引が可能になります。

その点アイコス、グローは紙巻きたばこと同じように、1本吸えば捨てるしかありません。

紙巻きたばこやアイコス、グローは1箱の本数が決まっていますので、やむを得ないですが、ヴェポライザーの場合、シャグ(手巻きたばこ用)やパイプに使われる刻み葉などを使えます。

シャグや刻み葉は、比較的価格が安く、葉の容量もあります。

そして、ヴェポライザーに使う葉の量は、1回の吸引で10円玉ほど。

たった、10円玉ほどの葉の量ですむ、ヴェポライザーはたばこ代が1/5になるというのは確かです。

では、コストをおさえていくには、どうすればいいか説明していきますね。

 

VAPEの場合

VAPEは、消耗品のコイル交換やアトマイザーの洗浄など、ちょっと手間がかかりますが、VAPEに使われるリキッドは比較的購入しやすい価格になっています。

リキッドにも種類が多く海外製のリキッドには、量が多く価格が安い物まで存在します。

また、メンテナンス不要でフレーバーポットを差し込むだけと簡単に使えるmyblu(マイブルー)なども販売されていますね。

ニコチン入りリキッドを使わなければ、ニコチン・タール0で禁煙も可能になります。

紙巻きの間にVAPEで吸引したりすれば、紙巻きたばこの本数をおさえることもできますよ。

ただ、その場合は紙巻きたばことVAPEの両方になるのでコスト的には変わらないかもしれません。

ただ、VAPEリキッドにはニコリキといってニコチン入りのリキッドが販売しています。(ニコリキは個人輸入のみ)

ニコチン入りのリキッドを使うことで、紙巻きたばこをやめれることができれば、たばこ代は安くなりますよ。

 

ヴェポライザーの場合

ヴェポライザーは、何といってもシャグ(手巻きたばこ葉)が量のわりに安く、長く使えるのが魅力です。

ヴェポライザーは、このシャグを熱で温めた蒸気を吸引しますので、たばこ感がすごくあります。

ニコチンをすごく感じますので、意外に紙巻きたばこをやめれる方もいると思いますよ。

私は40gのシャグで約2週間ほど使えましたよ。

たばこ代、すごく削減できました。

ただ、コストはすごくよくなるんですが、ヴェポライザーにも欠点があります。

まず、手間がかかるのでめんどくさい。

そして、たばこ感をすごく感じますので、合わない方もいます。

ヴェポライザーの欠点は、シャグを詰めたり取り出したり、吸いたい時にすぐに吸えないこと。

外出する時は、ヴェポライザーはめんどくさいですよ!そして周りの目線も気になります(笑)

ですが手間がかかるが、たばこ代1/5は確かです。

 

紙巻きたばこの場合

フィルターとペーパーを購入すれば、シャグを巻いてオリジナルの紙巻きたばこをつくることもできます。

市販の紙巻きたばこと違って、シャグで巻いた紙巻きたばこは、味がまろやかに感じますよ!

私の巻き方では、40gのシャグをレギュラーサイズで巻いて約50~55本くらい巻いています。

スリムサイズは、約80~85本くらいですかね。

巻き方によって、スリムサイズで100本ほど巻ける方もいるみたいなので、個人差はありますが。

100本は夢ですよ!

このようにシャグで、オリジナルの紙巻きたばこを巻いても、月のたばこ代は安くすみます。

 

余分なお金が・・・

増税により、たばこ代が増えてしまう。

30円くらいならと思うかもしれませんが、1日1箱計算でひと月900~930円余分なお金がかかっています。

年間9,000~9,300円。10年で90,000~93,000円。

今までかかっていなかった余分なお金が・・・。

やはり年数を重ねるごとにもったいないですね余分なお金。

 

まとめ

たばこの値上げは避けられません。

もうすぐ、10月1日になり、値上げされていく。

値上げされたら、少しでも、節約していくしかないですね。

それでは、また。

 

※未成年者の喫煙は法律で禁止されています。タバコは20歳になってから。

 

最新情報をチェックしよう!