【WordPress】おすすめプラグイン Table of Contents Plus 目次の設定方法

【WordPress】おすすめプラグイン Table of Contents Plus 目次の設定方法

投稿画面をより見やすく表示するためもありますが、訪問者に一目でこの記事は、どのような内容なのか、わかりやすくするために、目次を作りたいと思います。

目次を作ると言ってもワードプレスの場合、プラグインするだけで目次ができますので簡単です。

それでは今から目次プラグインと使い方の説明をしていきます。

スポンサーリンク

目次を作ろう

目次を自動で作るプラグイン【Table of Contents Plus】

目次を作るおすすめプラグインTable of Contents Plusです。

こちらをプラグインして有効化すればこの様に表示されます。

初心者の方でも、簡単に設定できます。

Table of Contents Plusの設定方法

Table of Contents Plus

まずはダウンロードしてください。

 

「新規プラグイン追加」→「キーワード」→「ダウンロード」→「プラグインを有効化」

キーワード検索の所に【Table of Contents Plus】と入力すれば出てきます。

有効化できましたら「設定」をクリックしてください。

 

設定画面が出てきます。

・まず「位置」は書いてある項目の場所に表示されます。

・「表示条件」は見出しを表示する時に何個から表示させるか決めます。

・「以下のコンテンツタイプを自動挿入」はあなたの表示させたいコンテンツを選んでください。

・「見出しのテキスト」はお好みで選択してください。

・階層表示からはこの画像を見てください。

「文字サイズ」「プレゼンテーション」はお好みで選んでください。

全て終わりましたら「設定を更新」をクリックしてください。

「スムーズスクロール」は目次をクリックした際、見出しまで一瞬で飛びます。

「階層表示」は、レベルの異なる見出しで(h2・h3・h4)など使い分けて表示できます。

(上画像の場合はh3が表示速度を計ってみよう、h4が1.1・1.2の表示になります。)

上級者向けの設定

「上級者向け」の所を選択します。

「見出しのレベル」の所をあなたがいつも使っている「h」の場所をチェックしてください。

あとの項目はお好みで選択してください。

レベル調整できましたら「設定を更新」をクリックして終了です。

「見出しレベル」を選ぶだけで自動に目次は表示されます。

この様に「TOC+」と言う項目が増えます。こちらのショートコードをからも、設定を行えますので試してください。

最後に

こちらのプラグインを導入することにより、目次が自動的に表示されるようになります。

記事に目次があれば訪問者の方にもわかりやすいので、ぜひ使って見てください。

簡単な設定なので初心者の方でもすぐに覚えます。

簡単な説明になってしまいましたが、最後までみていただきありがとうございます。