Twitter「ハッシュタグ」って何?使い方を説明

Twitter「ハッシュタグ」って何?使い方を説明

皆さんは、ツイッターのハッシュタグってご存知ですか?

ツイッターで記事を拡散することで、アクセスアップにもつながります。

そこでツイッターで効率よく、記事を拡散するためにハッシュタグを使いましょう。

スポンサーリンク

ツイッターの使い方

ハッシュタグって何?

投稿内のタグとして使われるハッシュマーク「#(ハッシュマーク)」がついたキーワードのことです。

簡単に言うと、関連するものを紐づけしてくれる機能のこと。

このように「#キーワード」のような形を作り、ツイート文に一緒に載せることにより、キーワードに関連したツイートに表示されるようになります。

#(ハッシュマークは半角で)

ハッシュタグは大事なの?

その①:あなたと同じ話題で盛り上がれる。

その②:ハッシュタグから旬の話題がわかる。

その③:検索に載ってる時間が多ければ、他のユーザーに見てもらえる。

このようにハッシュタグをつけることで、同じ気持ちの方に共感をわかせれる、今の人気の話題を調べれるなど様々なメリットがあります。

ハッシュタグの使い方は?

#キーワード」をツイート文に付け加えるだけです。

その①:「#(ハッシュマーク)」を付けキーワードを考える

その②:ツイート文を入力する

その③:ハッシュタグを入力する

その④:ツイートする

ハッシュタグを、このように付け加えればキーワード検索に表示されます。

アルファベットや日本語、どちらでも構いません。

どんなハッシュタグにするの?

その①:あなたのツイート内容にあったキーワードを選ぶ。

その②:ハッシュタグはなるべく少なく。

その③:長いハッシュタグは使わない方がいい。

ハッシュタグは複数使えます。しかし余りにも検索されたいがために、やたらと使うと迷惑行為などになりかねないです。またスパム扱いなどにもなりますので、気をつけてください。

最後に

誰でも簡単にハッシュタグは使えます。ただ使いすぎには要注意してください。キーワード検索からのアクセスを期待して、アクセスアップにつなげましょう。

参考→【Simplicity2】カスタマイズ グローバルナビ設定方法
参考→【Simplicity2】ASP広告をサイドバーで表示させる方法