味が濃厚「Wotofo Profile RDA」を使ってみました!噂通り

どうも、飲んべいです。

加熱式市場は「IQOS3 2種類のタイプ」、「JTから新モデル「プルーム・エス」「プルームテック・プラス」」で盛り上がっていますね!グローの話題がないですが。

盛り上がっている、加熱式市場を横目に、ひっそりとVAPEを楽しんでいる私です。

さて、最近ハマってしまったVAPEですが、今回アトマイザーを購入しちゃいました。

購入したアトマイザーは「Wotofo Profile RDA」になります。

このアトマイザーは、味が濃厚で有名みたいです。

Wotofo Profile RDAは、2種類(メッシュコイル、通常コイル)のコイルをビルドすることが可能。

そう、メッシュコイルもビルドすることができるアトマイザーになります。

では、さっそく紹介しますね!

Wotofo(ウォトフォ) Profile(プロファイル) RDA

こちらが、Wotofo Profile RDAになります。

付属品

・Profile RDA
・コットン
・810ドリップチップ
・ツール類
・クラプトンコイルパック
・メッシュコイルシート
・Oリング
・ユーザーマニュアル

取扱説明書は、日本語で記載されています。

 

Wotofo Profile RDAの詳細

カラーはゴールドを購入しちゃいました!キラッキラッじゃないですか(笑)

ポジティブピンもこんなに?というくらい出ています。

ドリップチップは810規格になります。

スリーブはProfileのロゴがいい感じ。

トップキャップは、階段状になっています。

エアフローの調整は、こちらの階段状の出っ張りで調整するようになります。

デッキはクランプ式になっています。

クランプの横にネジがありますが、こちらのネジを回してクランプを調整してください。

メッシュコイル、普通のコイルをビルドできますが、この感じはメッシュコイル前提のようなつくりです。

デッキの中央には穴があいています。

初期状態はBFピンが装着されていますので、スコンカー前提のような感じですね。

ノーマルピンに変更することもできます。

ビルドしてみます

付属のメッシュコイルを使用してくださいね。

付属のスティックを使い、メッシュコイルを曲げていきます。

これ、すごく簡単にビルドできますよ!メッシュコイルの大きさは決まっていますので、曲げるだけです。

メッシュコイルをデッキに取り付けます。

クランプ横のネジをドライバーで緩めメッシュコイルをつけていきます。

メッシュコイルがクランプの底にあたれば、ネジをしめてください。

中央の白い部分は、セラミック製です。

バネにより、上下に動きます。バネのおかげでコットンが調整されるみたいですよ。

ちょっと熱を通しましたが、立ち上がりがはやそうですよ!一瞬でこんな感じになります。

コットンを取り付ける

コットンを取り付けます。付属のコットンをお使いください。

専用コットンは、片側の先端にストローのようなプラスチック製でまとめられています。

こちら側をメッシュコイルの間に通していきます。

途中から硬くなりますので、ちょっと慎重に通していくように。

私は、ラジオペンチで引っ張りました(汗)

思っている以上に硬くなりますよ。なので慎重に!

コットンの両端をハサミで切って整えます。

コットンをすくみたいですが、イマイチわからないんですよ。すきかたが。

モサモサしすぎかもしれませんが吸っていきます。

RSQにつけて吸ってみます

40Wで、スゥ~ハァ~。

す、すごい濃厚!噂通り、リキッドの味が濃厚ですよ!

エアフローを、上の段だけしめて吸ってみましたが、めっちゃおいしいです。

アトマイザーでこんなに味が変わるの?って思います。それほど濃厚に感じますよ!

かなり、気に入りましたこのアトマイザー!

まとめ

このアトマイザーは、噂通り濃厚な味を楽しめます。

しかも、メッシュコイルのビルドをはじめてやってみましたが、すごく簡単!

通常コイルは、難しかったですが・・・。

このアトマイザー、付属しているコイルの長さをはじめに調整してから、デッキにつけるんですが、長さの調整が難しいです。慣れればいいと思いますが、私は短く切りすぎちゃいました(笑)

なので通常コイルの長さ調整は、気をつけましょうね!

それでは、また。

最新情報をチェックしよう!